デロイト トーマツ コンサルティングの仕事内容・働きがいは?元在籍社員にインタビュー

世界的な会計監査法人を源流とするデロイト トーマツ コンサルティング合同会社。多くの日本のトップ企業のコンサルを手掛けており、2,675名(2018年11月末日現在)の社員が在籍しています。少数精鋭と言われることの多いコンサルティング業界において、多くの社員を抱えるコンサルティング会社です。

今回はそんなデロイト トーマツ コンサルティングの仕事内容や働きがいについて、転職picks編集部が元社員のSさんにインタビューを行いました。

デロイトが求めるコンサルタント像

早速、デロイトはどのようなコンサルタントを求めているのか紐解いていきたいと思います。その手始めとして、デロイトの企業特色に触れます。

デロイトの企業特色としてよくあげられるのは、「日本企業的」であるということです。それは、例えば職位に応じた上下関係があるという社内雰囲気の話であったり、退職金が出るなどの福利厚生の話であったりしますが、ここで最も触れておきたいのは人材育成におけるデロイトのスタンスです。

多くのコンサルティング会社では、なかなか成果が出ない社員は戦力外として扱われてしまい、居心地が悪くなるケースも多いそうです。しかしデロイトでは、そのような人材もじっくりと育てていく文化があります。そのため、全く違う業種から中途社員として入社しても、1年ほどかけて育ててもらうことができます

こういった話しからも分かるように、デロイトは即戦力の社員を求めているわけではないといいます。そのため採用の段階でも、コンサルタントとしての知見が期待されるわけではなく、ロジカルシンキングなどの基礎力を重視され、物事の筋道を立ててしっかりと思考できる人材を求めています。

もちろん中途入社の社員には、他コンサルで腕を磨いてきた人や、他業種からの応募者でもコンサルティング業務ですぐに役立つようなネットワークを持った人もいます。しかし、そのような背景がなくても挑戦することができるのがデロイトの特徴なのです。

 

デロイトへの転職ならNさん 

 株式会社———— 

①デロイトのパートナー・現場との豊富なリレーション
圧倒的な情報量で受けるべきポジション(プロジェクト)をご提案
③デロイトが過去実施した面接の面接官・質問内容をDB化し対策を実施

 

>>>デロイトへの内定率は他社の20倍!Nさんにキャリア相談をする

 

 デロイトの仕事内容の分類

デロイトでは仕事内容よって、そのサービスを大きく2つに分けています。簡単にその2つを紹介していきます。

 

インダストリーサービス

業界に特化したサービスを、このように呼んでいます。例えば、自動車、ライフサイエンス、テレコミュニケーションなど、様々な業界単位で行われる幅広いサービスです。

次のサービスとの比較で「横軸」という表現で呼ばれることもあります。

 

オファリングサービス

前のサービスに対応して「タテ軸」とされている、各分野に特化したサービスです。

例えばM&A、業務改善、HRなど、分野のスペシャリストとしてサービスを提供します。

 

デロイトコンサル案件の事例

Sさんが実際に携わった案件の中で特に印象に残っているのは、国内の食品メーカーの買収案件だといいます。

当時、ある日本の食品メーカーが、アメリカの食品メーカーを買収しようとしていました。その案件に、コンサルタントとして携わったというSさん。その現場ではマッキンゼーやゴールドマンサックスなどの、他の大手コンサルティングファームとワンチームとなって取り組んだといいます。

連日続く英語の会議に、自身の英語力がなかなか追いつかず、会議をテープに録音しては聞き直し、ようやく理解できるという日々を送っていたそうです。チームメンバーの能力の高さと、語学のハードルが相まってかなりの苦労がありましたが、とても刺激的な時間だったとSさんは振り返ります。

この仕事をきっかけに、Sさんは英語を用いたビジネススキルを磨くため、海外研修に派遣されて数年働くことになります。自身の国際的活躍の礎となった、忘れられない経験だったとお話してくださいました。

 

デロイト コンサルタントのキャリアパス

ここでは、デロイトのコンサルタントのキャリアパスを、大きく2つに分けて紹介します。

 

デロイトで管理職を目指すケース

前述の7つの職位を順当に上がっていくことを目指すケースです。

上までのぼり詰められる人は一握りではありますが、所属するチームのマネジメントを通して実績を作っていくことで、いわゆる出世コースを辿ることが出来ます。

 

デロイトを経て転職・起業するケース

転職や起業に踏みきるケースです。

このケースは、7つの職位でいうと「シニアコンサルタント」の社員に最も多いといいます。その理由としては、この職位が、転職しやすい最後のチャンスと言われる30歳前半にあたることが多いことが影響しています。また、次の職位である「マネージャー」に上がるとなると、給与がかなり良くなり辞めにくくなってしまうということも要因となっているそうです。

デロイト退職後の選択の割合としては、競合のコンサルファームへの転職が3割〜4割、スタートアップや事業会社への転職が3割ほどで、残りは、ベンチャーキャピタルへの転職や、家業を継ぐなどの道に進むといいます。一方、起業するというのは意外にもレアケースだそうです。その理由として、コンサルタントは短期スパンで成果を出す業種なので、起業のような長期戦のビジネスとは別物だからではないかとSさんは話します。

デロイトへの転職ならNさん 

株式会社———— 

①デロイトのパートナー・現場との豊富なリレーション
圧倒的な情報量で受けるべきポジション(プロジェクト)をご提案
③デロイトが過去実施した面接の面接官・質問内容をDB化し対策を実施

 

>>>デロイトへの内定率は他社の20倍!Nさんにキャリア相談をする

 

デロイトの働きがい

Sさんからお聞きした、デロイトならではのやりがいをお伝えしていきます。

 

 社員の多様性

デロイトの社員には、様々な出自の社員がいます。人間性の幅が広く、多様性を受け入れる文化があります。「総合系コンサルファーム」と言われることもあり、幅広い発想や知見があることを是とする雰囲気があるのです。

コンサルティング業界には、実力主義の厳しい雰囲気が漂う会社も多い中、温かい雰囲気で仕事に取り組むことができるのは大きな長所であるといいます。

 

会社の規模と歴史

所属する社員数が多く、また日本でのコンサルティングの歴史も長いので、幅広い分野における数々の実績があるのがデロイトの強みです。その実績は、手掛けていない領域がないほどです。その長い歴史の中でのアウトプットが、成果物としてしっかりまとまって管理されているので、様々な場面で参照することが出来ます。

このように、デロイトならではの規模と歴史を感じながら、その上に立つようなハイレベルなビジネスに取り組むことができるので、個人が成長する環境が整っていると言えます。

コンサル業界では異例?デロイトはじっくり社員を育てるコンサル会社

デロイトの企業文化や働きがいについて、元在籍社員のSさんのインタビューを基にご紹介しました。実際に働いていたからこそわかるデロイトの働きがいにも触れることが出来ました。

ハイレベルなアウトプットが求められる企業ですが、その達成を支えるような形で、人間性や企業歴史の面で素晴らしい環境が整っているのです。

 

デロイトトーマツへ転職するには

デロイトトーマツの仕事内容や働き方について理解は深まりましたか?
デロイトトーマツへ転職したい方は、デロイトトーマツへの転職実績がトップクラスのエージェントへの相談が転職成功への近道となるでしょう。

内定・転職実績トップクラスの転職エージェントに相談をしたい方は【エージェントファインダー】にご登録ください。

エージェントファインダーは、あなたが入社したい企業に強い “転職エージェント”を紹介してくれるサービスです。
情報を登録すると、志望企業に精通しているエージェントを提案してくれ、転職成功までのサポートが受けられます。
志望企業、あるいは志望業界が明確であれば、こちらのサービスはスムーズな転職への近道となるはずです。
サービスは無料で提供されていますので、一度登録をお勧めいたします。

 

関連記事

RELATED ARTICLES

国際的な会計監査法人の傘下として、数々の企業をコンサルティングビジネスで支えるデロイト トーマツ コンサルティング合同会社。 コンサルティング業界でも最大級の規模を誇り、その実績はもちろんのこと年収の高さでも注目されてい […]

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、デロイト トーマツ グループの傘下のコンサルティング会社です。1993年頃に日本でのサービスを開始し、日本国内はもちろん、世界各国の産業をコンサルティングビジネスによって支 […]

デロイトトーマツコンサルティングはBIG4の1つとして名高いコンサルティングファームです。 デロイト・トウシュ・トーマツという世界最大の監査法人グループに所属している日系企業グループ、デロイトトーマツグループの一部であり […]

デロイトトーマツグループは、監査・保証業務、リスクアドバイザリー、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー、税務、法務等を提供しています。 組織の理念の1つとして「各人の個性を尊重し能力を発揮できる生きがいのある […]

Big4と呼ばれる世界4大監査法人の一角をなすデロイトトーマツグループでは、大手企業の財務監査のほか、企業のITコンサルティングも手掛けています。新型コロナウイルス感染症の流行をきっかけとした電子決済やリモートワークの普 […]

×