デロイト トーマツ コンサルティングの役職別年収・実例を元社員が解説

国際的な会計監査法人の傘下として、数々の企業をコンサルティングビジネスで支えるデロイト トーマツ コンサルティング合同会社。
コンサルティング業界でも最大級の規模を誇り、その実績はもちろんのこと年収の高さでも注目されています。
そこで今回は、デロイトの年収・ボーナスの実態を元社員にヒアリングしました。
コンサルタントからマネージャー、パートナーになるとどのように年収がアップするかも解説します。

 

デロイト トーマツ コンサルティングの年収構造と役職別平均年収

まず初めに、デロイトトーマツコンサルティングの年収システムのポイントは以下の通りです。

  • 年収は「基本給(月給×12)+ボーナス」で構成されており、ボーナスは年に2回支給される
  • 基本給の給与テーブルは職位によって異なる
  • 職位は全部で7段階ある

 

デロイト トーマツ コンサルティングの役職(職位)別平均年収

役職(職位)別の平均年収は以下の通りです。

デロイトトーマツコンサルティングの職位別平均年収

 

ビジネスアナリストの平均年収

年収は約600万円で、新卒が最初に所属する職位です。

ビジネスアナリストの段階でコンサルタントとしての職務を覚え、こなしていくことが期待されています。

 

コンサルタントの平均年収

年収は700万円ほどです

ビジネスアナリストよりもさらに、クライアントとの関係を良好に保ち、より信頼関係を築いていきながら次の受注につなげていく役割も果たします。

 

シニアコンサルタントの平均年収

シニアコンサルタントは、年収1,000万円の大台に乗ってきます

チームでの仕事の多いデロイトで、本格的にマネージャーとしての役割を求められるようになります。
現場の仕事と並行しながらメンバーをケアします。

 

マネージャーの平均年収

年収は1,300万円ほどです。

シニアコンサルタントまでの現場の職務を一通りこなすことができ、さらにチームマネジメントに特化していく職位です。

 

シニアマネージャーの平均年収

シニアマネージャーになると、年収は1,000万円台後半~2,000万円に届くこともあるそうです。

チームの責任者として、高度なマネジメント能力が求められます。

 

ダイレクターの平均年収

年収3,000万円に達します

どの顧客にアタックするか、どのような目標で業務を行うかという営業を担うようになっていきます。
また、プロジェクトに問題が発生した際の対応などの緊急案件まで、あらゆる責任を負いながらビジネスを手がける職位です。

 

パートナーの平均年収

年収3000万円以上で上限は不明です。

職務内容や給与水準はダイレクターとさほど変わりありませんが、会社に出資をしている場合はパートナーとして扱われます。

 

コンサルティング業界全体の基準

これらの役職/職位は、コンサルティング業界全体である程度共通しています。
つまり、他コンサル会社でも通じる「この職位ならこのくらいの能力」という基準がコンサルティング業界にはあるのです。

そのためコンサルティング業界からデロイトに中途入社する場合、最初の職位を与えられる際は元の会社での職位が参考にされます。
一方で、全くの他業種からの転職の場合は、その人のスキルはもちろんですが、前職の給与レベルも参考にして最初の職位が決定します。

 

デロイトへの転職なら 中野 陵 氏

株式会社アスパイア  

①デロイトのパートナー・現場との豊富なリレーション
圧倒的な情報量で受けるべきポジション(プロジェクト)をご提案
③デロイトが過去実施した面接の面接官・質問内容をDB化し対策を実施

 

>>>デロイトへの内定率は他社の20倍!中野 陵 氏にキャリア相談をする

 

デロイト トーマツ コンサルティング、社員による年収口コミ

社員口コミサイトのopenworkによると、デロイトトーマツコンサルティング全社員の平均年収は以下の通りです。

 

回答者の平均年収 927万円
年収範囲 400万円〜2200万円
回答者数 466人

 

また、職位別の平均年収は以下の通りです。

職位 回答者数 平均年収
アナリスト 10人 541万円
コンサルタント 403人 930万円
マネージャー 9人 1306万円

 

デロイト トーマツ コンサルティングで年収を上げていくためには?

では、デロイトで年収を上げていくにはどうしたらいいのでしょうか。ポイントは2つあります。

  • 職位をあげて、基本給を上げる
  • 貢献度を高めて、ボーナスを上げる

前述のように、年収の基準を決めるのは職位なので、職位が上がれば年収も上がります。

職位を1つ上げるためには、基本的には3年~5年ほどを要します。

例外的に、半年や1年などの短いスパンで上がっていく優秀な社員もいれば、一方でずっと上がることのできない社員もいるようです。
しかし基本的には所属する職位できちんと職務を全うし、利益を出せば職位もステップアップしていきます。

将来的にどのような仕事をしていきたいかを詳しく聞かれるタイミングで上位ランクの仕事に積極的にトライする姿勢を見せ、行動に移せると年収が上がりやすいと言います。

 

デロイト トーマツ コンサルティングのボーナス

またデロイトで年収を上げる2つ目の方法は、プロジェクトへの貢献度を高めてボーナスを上げる、ということです。

デロイトでは同じ職位のメンバーであっても、実際に支給される年収には差があります。
中にはコンサルタントがシニアコンサルタントの年収を超えるなど、1つ上の職位の年収を超えるケースもあると言います。
それは業績賞与(ボーナス)が個人によって異なり、そこにかなり大きな差があるためです。

ボーナスの基準が高いのは、会社があげた利益の中でも特に高い貢献度の高い社員だと言います

実際のボーナスの配分は、年に2回ある上長とのミーティングによって決定します。
1つのプロジェクト内でボーナスの上限があり、その配分をプロジェクトメンバーで取り合う形になります。

 

デロイト トーマツ コンサルティング転職者の年収実績

転職picks編集部で、デロイトトーマツコンサルティングに中途入社者した転職者の年収実績を調査しました。

年齢 前職 デロイトでの年収
28歳 日立製作所 850万円
30歳 日本生命 1200万円
32歳 日本たばこ産業 1000万円

30歳で年収1000万円台に到達していることが分かります。

また、こちらの実績からも分かるように、他業界からの転職も可能だという点は魅力ではないでしょうか。

 

デロイト トーマツ コンサルティングの年収事情!一気に年収がアップした事例

7段階の職位は上長からの評価などを受けて少しずつ上がっていくのが一般的です。
しかし、中には一気に昇進をする例もあるそうです。

Sさんが実際に在籍していた際、「水素」にまつわるビジネスのコンサルティングを手掛けていた社員がいたといいます。
その方は、高い評価を受けて勢いよく昇進していったそうです。
評価ポイントは、今までやっていないビジネスという新規性と成長白地の大きさにあったと言います。

このように、新規性のある仕事などで目覚ましい活躍を見せると、会社もそれに応じてしっかりと評価を返してくれます

 

デロイト トーマツ コンサルティングで年収を決める評価システム

新規性・将来性のあるビジネスを展開した場合は高く評価されますが、利益貢献や顧客満足度の高いアウトプットでもきちんと評価をしてくれる会社です。

評価のポイントは規定化されているので、上長の性格や相性で評価が左右されることはないようです。
またマネージャー以上になると「360°評価」が導入され、上位の職務者だけではなく同僚や部下など、様々な立場の人から仕事を評価されるようになります。

多角的な評価がなされる環境が整っているため、基本的には平等な基準で出世の判断が下されるようになっています

 

デロイトへの転職なら 中野 陵 氏

株式会社アスパイア  

①デロイトのパートナー・現場との豊富なリレーション
圧倒的な情報量で受けるべきポジション(プロジェクト)をご提案
③デロイトが過去実施した面接の面接官・質問内容をDB化し対策を実施

 

>>>デロイトへの内定率は他社の20倍!中野 陵 氏にキャリア相談をする

 

高年収に期待!デロイト トーマツ コンサルティングが求める人物像


高い年収が期待できるデロイトトーマツコンサルティングでは、どのような人物像を採用ターゲットとして求めているのでしょうか。

Sさんによると、デロイトはチームプレーで仕事をしていく企業のため、コンサルティングに必要な論理的思考はもちろん、チームの一員としての人柄も重視される傾向にあるようです。

チームメンバーが「この人と仕事をしたい」と思えるような人材かどうかは、重要な採用基準の1つです。

とはいえ、デロイトではチームごとの雰囲気は千差万別です。
体育会系のチームもある一方で、和気あいあいと仕事をするチームもあります。
所属先によって合う・合わないが出てくるのは避けられないことだとSさんも言います。

しかしもし合わないチームに配属となってしまっても、デロイトは多くのチームが存在する大規模組織ということもあり、異動希望に対してはフレキシブルに対応してくれる会社であるといいます。

実際にSさんもどうしても合わないチームに配属されたときは異動希望を出し、受け入れてもらったそうです。
希望を出しても組織がその人を別部署に出したがらず異動が叶わないケースもあるようですが、基本的には前向きに検討してもらえるようです。

自身に合う雰囲気のチームでしっかりと利益を上げていけるように、社員の求める環境を全力で用意するという会社のスタンスを伺うことができます。

 

デロイト トーマツ コンサルティングの年収は堅実な評価システムに支えられている

デロイトの年収の実態について、元社員からのヒアリングを基にご紹介しました。
デロイトは社員を正当に評価し、自身の性格に合う最適なチームに配属できる環境です。

社員が最大限のパフォーマンスを発揮するための土壌が整っているからこそ、デロイトトーマツはトップコンサルティング企業として最前線を走り続けることが出来ているのでしょう。

 

この記事のまとめ

☑デロイトトーマツコンサルティングでは基本給の給与テーブルは職位によって異なり、職位は全部で7段階ある。ボーナスは年に2回支給される。
☑新規性のある仕事などで目覚ましい活躍を見せると、会社もそれに応じてしっかりと評価を返してくれる。
☑採用においてはコンサルティングに必要な論理的思考と、チームの一員としての人柄も重視される。

 

デロイト トーマツ コンサルティングへ転職するには

デロイト トーマツ コンサルティングの年収・ボーナスについて理解は深まりましたか?

デロイトトーマツ コンサルティングへの転職を希望する方は、転職エージェントの利用がポイントとなります。転職エージェントならどこでも良いわけではなく、デロイトトーマツ コンサルティングへの内定実績を豊富に持つエージェントに相談するようにしましょう。 内定実績が豊富なエージェントは採用ターゲットを熟知していますし、過去の面接内容や面接官の情報に基づいた面接対策をしてくれるので内定確度が上がります。

デロイトトーマツ コンサルティングの志望度が高い方は是非、以下のサービス【エージェントファインダー】にご登録ください。デロイトトーマツコンサルティングに多くの内定者を輩出しているヘッドハンター中野 陵 氏を初め、同社の転職に精通した転職エージェントをご紹介させていただきます。

 

 

関連記事

RELATED ARTICLES

Big4と呼ばれる世界4大監査法人の一角をなすデロイトトーマツグループでは、大手企業の財務監査のほか、企業のITコンサルティングも手掛けています。新型コロナウイルス感染症の流行をきっかけとした電子決済やリモートワークの普 […]

デロイトトーマツグループは、監査・保証業務、リスクアドバイザリー、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー、税務、法務等を提供しています。 組織の理念の1つとして「各人の個性を尊重し能力を発揮できる生きがいのある […]

デロイトトーマツコンサルティングはBIG4の1つとして名高いコンサルティングファームです。 デロイト・トウシュ・トーマツという世界最大の監査法人グループに所属している日系企業グループ、デロイトトーマツグループの一部であり […]

世界的な会計監査法人を源流とするデロイト トーマツ コンサルティング合同会社。 多くの日本のトップ企業のコンサルを手掛けており、2,675名(2018年11月末日現在)の社員が在籍しています。 少数精鋭と言われることの多 […]

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社は、デロイト トーマツ グループの傘下のコンサルティング会社です。1993年頃に日本でのサービスを開始し、日本国内はもちろん、世界各国の産業をコンサルティングビジネスによって支 […]

×