2019.11.20

楽天

元社員に聞く楽天への転職って実際どうよ?英語は必須、合コンでモテる!?

日本を代表するインターネット企業の楽天。転職先として、実際どうよ?と思われている方も多いと思います。本記事では、働く環境としての楽天をリアルにイメージできるよう、元社員にインタビューを行いました。働き方、評価制度、必要な英語力、社内恋愛から合コン事情まで在籍者にしかわからない、リアルな社内事情をお伝えします。

 

プロフィール

年齢:30代前半 学歴:国立大学の教育学部を卒業
『楽天』には3年1か月在籍

 

「楽天」に入社するまで、前職を教えてください。

文系の大学を卒業後、不動産会社の営業に就職しました。
まずは3~4年、知識やマナー、忍耐力や決断力など、社会人としての基礎力をしっかり身につけたいと考えていました。

仕事をやっていくうちに営業職の魅力に目覚め、営業としての幅を広げたい。カタチのある「出来上がったモノ」を売るのではなく、もっと自分のアイデアや意見でお客様の課題を解決したい、そんな営業がやってみたい、と思うようになりました。

いわゆる物売りからソリューション型の提案営業、無形の商材を扱う営業にチャレンジして成長したいと思って、3年11カ月在籍した会社を退職し「楽天」に転職。Webサイトやメディアなど無形商材を扱う営業職としての一歩を踏み出しました。

 

「楽天」ではどのような内容のお仕事をされていたのですか。

メディア事業に携わりました。「みんしゅう」という呼び名でお馴染みの「みんなの就活活動日記」の部署に配属となり、自社メディアの広告販売に携わりました。
楽天を卒業するまで、約4年弱、ずっとこの部署にいました。その間、兼務で新規事業の立ち上げにも関わりました。AIやビッグデータを活用した「ターゲットメール」サービスのリリース、他社メディアとのコラボレーション企画、例えば人気女性ファッション誌や女性ビジネス誌と一緒に「女性向けの就活イベント」を企画・運営するなど、出版社と協働。楽しく遂行でき新しいスキルが磨けました。また、学生や親に向けたブランディングをどんどん発案していく面白さも満喫できました。ゼロイチのスキルを要求する風土のもと、上司が「提案・提言する社員」を応援してくれたので、能力が発揮できたと思っています

楽天への内定実績TOPクラスのエージェントなら年収交渉も楽々クリア▶▶▶こちらからご相談ください

 

評価制度や、どのような人が高評価=出世していますか。英語は必須ですか?

もちろんハイパフォーマー、それも「とてつもないレベル」のハイパフォーマーですね。
そしてもう1つは、上司との関係性を上手に構築することができる人。この2つのタイプです。

楽天の大きな特徴として、裁量権が大きくメディア内の意思決定が早いこと。

個々の事業のプロフェッショナルが楽天に転職して事業部長に就任しているので「部長が決定すればほぼ通る」という風土ができあがっています。
だから、意思決定権を持っている部長にどうやってアピールするかが勝負でした。「上司の目に留まる」こと、それが一番重要だと言っても、私が在籍していた頃の楽天では過言ではありませんでした。

評価制度ですが、こちらは楽天の社風を反映した評価制度と言われています。評価軸はパフォーマンス(残した成果)とコンピテンシー(仕事のプロセスにおいて社員が発揮した能力)を基に、半年に1回評価が行われています。
また社員は、7段階で格付けされます。入社時の私は、平均より「ちょっと高い評価」でした。楽天では「英語力」が重視されるのでTOEIC800以上のスコアは武器になります。中学の英語教師を目指していた私は既に取得しており、ラッキーでした。契約社員雇用の人は2年以内に取らないと給与カットになる、というぐらい、英語力は重視されていますね。

 

 

入社後の給与や評価の変遷や、同期の方々の様子はどんな風でしたか。

実は、入社時の格付けから1つ上がるのが一番大変なんです

楽天における『実績』とは、単に数字だけでなくTOEIC800以上のスコアだったり、先ほども申し上げたように「上司とのつながり」だったりなども加味されるんです。

そんな厳しい中で1ランク上がると、月給で3~4万円ほど上がりました。各ボーナスでは15万~20万円UPしました。昇給・昇格は同期の中でも早い方でしたね。だから同期と会う時は、お互いに色々と気まずいので、給与や昇進を話題にすることは避けていました。

私の場合は上司が、「若いパワーはどんどんぶつかってこい。積極的に提言しろ!」というタイプだったので、イエスマンではNG。「プロジェクトの進め方をこういう風に変えたい」とか「トレンドは○○だから、コラボ企画をやろう」など事業に対する意見出しや、「メンバーがこんなところにストレスを感じている」という現場の改善要求などを積極的に行い、意見をバチバチ戦わせて実施していけたことで、高い評価が割られたのだと思っています。

そんな会社を卒業しようと思ったのは、将来のビジョンや安定性。確かに30歳までは本当に良い、給与も高いし「やりがい」の大きい仕事に携われる。でも30歳を越えてからの違和感を痛烈に感じていたんです。退職金制度なし。年収1000万円を超えてからは頭打ち。役員なら給与は良いかもしれないのですが、楽天の役員に、プロパーはほとんどおらず、大多数が中途入社組。30歳という節目で、転職を考え始めたのでした。

 

労働環境はいかがでしたか。例えば「辞めよう!」と思ったことはありますか?

ありますよ。仕事は面白く、成長感も満喫できたけれど、それ以上に労働時間が長かった、単純に身体がもたない!って思った時ですね。業務はやたら増えていくのですがバックオフィスが整っていない。だから、どうしても残業が増えるという悪循環。3か月休みなしだったので、さすがに体力的な限界を感じましたね。

またマネージャー時代の上司は、個人的な感情で異動させる方でした。かなり理不尽な人事異動があった時は「この人の下で働きたくない!」と別組織に異動を希望。組織をネガティブにとらえた経験もありました。それ以外は働きがいなど、文句のない会社でした。
逆に「こんな素晴らしい上司の下で働けた」ということもありました。マネジメントスキルがあるの高い方だったので、「この人のスキルを身につけたい」と、しっかり学ばせていただきました。日々のこういった経験の積み重ねが自己成長につながったのだと思っています。

社内用語とか人材とか…何かエピソードはありますか。

社内用語は、あまりないですね。強いて言えば呼称。自分で自分のニックネームをつけることぐらいですかね。私は素直にファーストネームにしましたが、同期には、東京=TYOという都市や空港に使われる3レターコードで自分の苗字を短縮して、アイドルグループみたいに称している人物がいましたよ。「うーん、うまいな」って思いました(笑)。
またユニークな人材としては、あの有名な元アメリカ大統領の孫、という方がいらっしゃいました。楽天には外国籍で優秀な方が多いんですよ。
社風というか、イベント好きな会社、ノリのいい人が多い会社です。例えばハロウィンとかバレンタイン、この時は盛り上がりますね。特にハロウィンは仮装をして仕事している人も結構見かけます。若いメンバーが多いので、社風は明るくフラットな感じ、若くて元気で明るい、そんな職場でした。

転職先としての楽天ってどうよ?リアルに迫る「10問10答」

 

1)楽天に入って良かったことは?

モテるようになりましたね。「よくわかんないけどスゴイ」と言われたり…。前職時代に比べて、飲み会によく誘われるになりました。自身で思うのは、入退社が日常茶飯事なので、大勢の人と関われたこと。優秀な方々と仕事ができたことが大きなメリットでした。

 

2)合コンや飲み会の時の人気度は?

週2回ぐらい、忙しい中行ってました。官庁の秘書さんやIT企業の女性社員さんと飲むことが多かったですね。評価は良い方だと感じましたね。あんまりチャラくないとか、営業でも暑苦しさがないとか…。給与もそこそこもらっていると評価されていたので、引きは多かったですね。結構モテましたよ(笑)。

 

3)社内恋愛や結婚は多い?

女性と男性の比率が半々ぐらいなので、多いと思います。残念ながら、私はありませんでしたが…。ご存知の方も多いと思いますが、社内のカフェテリアは無料で21:00までやっているので、残業メシはここで食べるというスタイルです。だから朝から晩まですっと一緒に過ごし、仕事をして飲みに行く流れも多くカップルはよく誕生していました。

 

4)周囲の方々の転職先は?

プレイヤー級では、テック系や人材系が大多数。テック系だと、メルカリ、LINE、Google、Amazon、アクセンチュア、デロイトトーマツグループ。人材系だとリクルートやパーソル、ビズリーチなど。部署が「みんしゅう」だったので、人材系へ転職する人は多かったです。また起業する人も多く、トップダウンの激しい会社なので、会社の動きを待っているより「辞めて自分で起こした方が早い」という決断をした人たちですね。

 

5)在籍中での一番大きな買物は?

クルマです。新車、オデッセイを購入しました。それと住み替え。賃貸なんですが、会社が二子玉川に移転したので、埼玉県から品川区に引っ越しました。東急・大井町線で1本なのでとても便利になりました。

 

6)同僚・先輩・上司が身につけている時計(男性)とかバッグ(女性)は?

ロレックスとかオメガ。女性はグッチとかシャネルとか…。特筆するほど華美ではないし、ブランド志向も普通、そんなに派手ではないし、チャラくもない方がほとんどでした。

 

7)同僚・先輩・上司が住んでいる場所は?

東急大井町線沿線、堅実な方が多いので、大井町~溝の口が多いです。加えて、二子玉川にアクセスの良いとこと、武蔵小杉のタワマンとか、中目黒、横浜、たまプラーザなど、東急沿線から、JRだと山手線、恵比寿とか五反田が多いです。

 

8)長期休暇でみなさんが良く行く場所は、海外?それとも日本?

長期休暇は10~2週間ほど取得できるので、やっぱり海外が多いです。フィリピン、インドネシア、タイ、スペイン、アメリカなど。各地に支社があるので、友人に会いに行く、というケースもあります。若者が多い会社なので、国内だと、沖縄とか北海道がメジャーです。

 

9)会社からの「課題図書」ってありますか?

入社前に「楽天流」など、三木谷さんの著書2冊が課題図書、感想文も書かされました。その後「課題図書」というカタチではありませんでしたが、やはり三木谷さんの「競争力」。読んでおけ、って言われました。

 

10)転職先としての『楽天』は5段階評価でいくつ?

30歳までは☆☆☆☆『4』ですが、30歳以降は☆☆☆『3』。ひと言でいうと、成長意欲の高い人間の集まりですが、給与とか人事とかを考えると30歳を境にキビシイ、というのが楽天での現実。そんな風に私は思っています。

 

楽天へ転職するには

楽天OBに聞く「楽天」のリアルはいかがでしたか?

楽天へ転職したい方は、楽天への転職実績がトップクラスのエージェントへの相談が転職成功への近道となるでしょう。

内定・転職実績トップクラスの転職エージェントに相談をしたい方は【エージェントファインダー】にご登録ください。

エージェントファインダーは、あなたが入社したい企業に強い “転職エージェント”を紹介してくれるサービスです。
情報を登録すると、志望企業に精通しているエージェントを提案してくれ、転職成功までのサポートが受けられます。
志望企業、あるいは志望業界が明確であれば、こちらのサービスはスムーズな転職への近道となるはずです。
サービスは無料で提供されていますので、一度登録をお勧めいたします。

関連記事

RELATED ARTICLES

2019.10.31

楽天

楽天は、さまざまなインターネット事業を展開する日本のIT企業です。 IT企業は広義にコンピュータを使った事業活動を行なっている企業を指しますが、楽天はそんなIT企業の中でも事業内容が非常に多岐にわたる会社です。 創業時は […]

2019.11.01

楽天

今回は楽天社員の年収について、元営業社員のSさんにインタビューを行いました。 インタビュー内容を基に、楽天の平均年収やボーナス、評価方法、出世する人材から楽天が求める人物像まで、徹底的に解説します。 楽天への転職なら▶▶ […]

2019.11.02

楽天

今や、世界的に有名なグローバル企業の一つとなった楽天。 そんな楽天の営業はどのようなクライアントに、どんな商品を売っているのでしょうか。 今回は、転職picks編集部が楽天で営業を務めたSさんにインタビューを行い、楽天の […]

2019.10.29

楽天

楽天株式会社は、企業理念「成功のコンセプト」のひとつである スピード!!スピード!!スピード!! 重要なのは他社が1年かかることを1ヶ月でやり遂げるスピード。勝負はこの2~3年で分かれる。   に則り、より柔軟 […]

2020.04.23

楽天

グローバルマーケットでの成功を見据える楽天は創業当初から性別・年齢に関係なくチャンスを与え、新しいことにチャレンジできるよう、ダイバーシティ(多様性)推進に力を注いできました。 その具体的な取組みとして国籍、ジェンダー、 […]

×