2019.11.05

メルカリ

メルカリにはルールが無い?急成長を支える社風とは

株式会社メルカリは日本唯一のユニコーン企業として2018年6月に上場を果たしました。バリューを大切にする組織やオープンで自由なカルチャーがメルカリの急成長を支えたとも言われ、近年メルカリの人事制度やカルチャーは多くの会社からベンチマークされています。

今回は、メルカリの人事制度やカルチャーを含めた社風について、実際にメルカリに在籍していた筆者が詳しくお伝えします。

 

メルカリはホワイト企業?実際に働いて抱いた印象

ユニークな人事制度を持っているメルカリ。社員が最大限にパフォーマンスを発揮できるよう、手厚い福利厚生や柔軟な働き方の制度があります。

私も入社前はホームページやメルカン(メルカリが社内外に情報発信しているコンテンツプラットフォーム)で、人事制度や福利厚生が充実している印象を持っていました。実際に入社してみると、制度だけが独り歩きしているわけではなく、社員が自分に合わせて制度をフル活用しながら働いていて、入社してみて噂通り働きやすい会社だと実感しました。

育児休暇中の給与は100%支給されたり、認可外保育園に入園した場合は認可保育園との差額分を補助してくれたりと、社員の子育てを会社で応援してくれます。男性の育児休暇取得も当たり前で、男性マネージャーが2か月間の育児休暇を取ることもあります。

 

柔軟な働き方を推進しているメルカリではフレックスタイム制を導入しているので個人のライフスタイルに合わせて働き方を自由に調整することができます。具体的には、子供のいる女性社員の場合、午前中は家で仕事をし、コアタイムは出社、早めに子供のお迎えに行って続きは家でするといった働き方をすることも可能です。

しかし、特に事情が無ければ基本的には顔と顔を合わせて仕事をすることが大切だと考えられており、原則出社することが求められます。

 

 

「オープンで自由」?メルカリ社の社風とは

メルカリの社風を一言でいうと、「オープンで自由」です。

例えばメルカリでは、社内の情報共有ツールとしてSlackを使っていますが、Slackでの個人間のDM(ダイレクトメッセージ)は原則禁止です。個人同士のやりとりであってもオープンにして、関係者全員が状況を把握できるようにしています。
このようにDMを禁止にし、Slackを基本オープンにしている理由は情報を自ら取りに行く人材になってほしい、この情報は自分にとって必要か、不要かという判断を自らできるようになってほしいという意図があるからです。

また、メルカリは社会人として適切な判断を自分でしてほしいという経営陣の想いからルールを作らないことを大事にしています。
例えばチームビルディングとして会食をした場合、会社が飲食代を全額負担しますが、この時金額の上限はありません。メルカリは社員が社会人として適切な金額を設定するモラルある人間であることを期待しているのです。

また他にもメルカリでは個人で自由に部活を立ち上げることができます。5人以上集まれば部活として成立し、会社から部費をもらうことができます。部活の内容は自由なので、マニアックな部活もあります。例えばサウナ好きでサウナに行く「サウナ部」やフルーツ好きが全国から旬のフルーツを取り寄せてシェアする「フルーツ部」などです。こういった制度でプライベートが充実することにより、社員は仕事に真剣に向き合うことでき、最高のパフォーマンスを発揮することができるのです。

このようにオープンで自由な社風だからこそ、多種多様な人材が集まっています。国籍・性別・出身会社(過去に所属していた会社)に関係なく、メルカリのカルチャーにフィットした人が入社しているのです。

 

メルカリはスピード重視!上司に承認をもらってから…は推奨されない

メルカリの現場で求められるのは、「意思決定のスピード」です。常に新しいサービスや事業を生み出している企業のため、その成長に伴って戦略や方針は常に変化していきます。
特に、2019年2月からメルペイという新しいサービスを開始し、キャッシュレス業界にも参入しました。キャッシュレス業界は競合が多く、他社の動向を追いながら戦略を立てています。毎週1回は必ず経営陣からの戦略・方針が全社員に共有され、現場はその方針に基づき業務に落とし込みます。

スピードを重視しているからこそ、メルカリでは現場のメンバーが意思決定することも少なくありません。上司に承認をもらって動くということは推奨されていないのです。

 

 

メルカリ社で活躍できる人材とは

メルカリで活躍しているのは、

・オープンに情報を発信できる

・自分で意思決定できる

・失敗を恐れずにチャレンジできる

人物です。フラットな組織を目指しているため勤続年数や年齢を始めとした立場に関係なく自分の考えや意思を伝えることができます。したがって、年功序列を重視していたり、忖度したりする人はカルチャーマッチが難しく、入社してからも苦労するでしょう。

また、メルカリは成長期の企業であるため、当然未成熟な部分もたくさんあります。私は大企業からメルカリに転職しているので、大企業では当たり前なことが出来ていないことに驚きました。各所のオペレーションも煩雑なところがあり、想定以上に労力がかかることがあるのです。
例えば、メルカリでは全員が自由に書き込める「wiki」というマニュアルのようなものがあるのですが、wikiに書いてあることが不十分であったり、更新されていなかったりして正しい情報を得るのが難しいこともあります。また、常に社内のオペレーションやシステムが変更されるので、自分で情報を手に入れていかないとついていけない大変さもありました。

しかし、メルカリで活躍している社員は、このような未成熟な部分も楽しんでいる人が多いです。課題がたくさんあるからこそ、解決するための施策を考えることができるとポジティブに捉えてやりがいを感じながら働いているのです。

 

メルカリの社風は、オープンであり自由!

メルカリの社員は自由な環境でさまざまなサポート制度を利用することで常に最高のパフォーマンスを発揮するよう求められています。

それゆえに仕事にはスピード感があり社員の意見も通りやすい風通しの良い環境です。会社としてはまだまだ成長期で未熟なところも多いですが、それも含めて楽しめて、尚且つ新たなことに臆せず飛び込めるチャレンジ精神をもった方がメルカリの「オープンであり自由」という社風に向いているでしょう。

 

メルカリへ転職するには

メルカリの急成長を支える社風について理解は深まりましたか?

志望企業へ転職するには、自分にあった転職サイトや転職エージェントに出会うことがなにより重要です。

転職成功者が転職活動を始めてから入社までに応募した企業の数は、平均して27社(ルーセントドアーズ株式会社調べ)、
情報収集には転職サイトを3つ、転職エージェントを3社利用しています。
また、選考に進むと、7社に書類通過し、一次面接通過が3社、1.5社に内定し、その後入社を決めています。

このようなデータから、複数の転職サイト、転職エージェントを利用することは現在の転職活動においてマストであることが言えるでしょう。
転職picksでは、おすすめの転職サイトと転職エージェントをご紹介します。

 

《オススメの転職サイト》

 


ビズリーチおすすめ度★★★★★

ビズリーチ公式サイト:https://www.bizreach.jp/
 
志望企業や業界が絞られている場合、ビズリーチへの登録は非常におすすめです。
ハイクラス求人の取り扱いが中心ですが、若手向けの求人も掲載されており、20代も非常に多くの方が利用している転職サイトです。
ビズリーチに登録することのメリットは、ハイクラスの求人・希少求人を扱うヘッドハンターに出会えることです。また、実績やヘッドハンタースコアを確認できるので、比較検討することが可能です。サポートを頼むヘッドハンターを選べるので、自分にあったサポートを受けることができるでしょう。

**こんな人におすすめ**
・ハイクラス(年収600万~1500万円)の求人・希少な求人を探している
・年収をあげたい
・自分にあったヘッドハンターを選びたい

 


 

キャリトレおすすめ度★★★★★

キャリトレ公式サイト:https://www.careertrek.com/
 
まずどんな求人かあるのかを見たい20代の方にオススメなのがキャリトレです。
登録時にややこしいステップを踏んだり、詳細を細かく記入する必要が無く、非常に簡単です。また、求人登録数が多いため、情報をたくさん得ることが可能です。使い方もシンプルなので、まずは気軽に使えることが大きなメリットと言えるでしょう。

**こんな人におすすめ**
・20代
・気軽に転職活動をスタートしたい
・現職が忙しく、時間をかけたくない

 


 

リクナビNEXTおすすめ度★★★★☆

リクナビNEXT公式サイト:https://next.rikunabi.com/
 
リクナビNEXTは、最大手の転職サイトとあって、求人数が非常に多く、転職サイトを利用する目的を一番果たしてくれるサイトです。サイト内には、他のリクルートのメディアと同様に様々な検索軸があり、転職先を固められていない求職者の方には抽象的なワードで求人情報を探すことができるので、便利なサービスと言えます。

**こんな人におすすめ**
・初めて転職活動を行う
・志望企業や業界が固まっていない
・多くの求人情報が見たい

 

 


 

《オススメの転職エージェント》


 

リクルートエージェントおすすめ度★★★★★


リクルートエージェント公式サイト:https://www.r-agent.com/
 
リクルートエージェントは、業界リーダーの転職エージェントということもあり、多くの企業との強い繋がりを持っています。
自分に合った求人を網羅したい、幅広い求人を提案してほしいというニーズの方は登録するのをおすすめします。
また、企業側への高い営業力があるので、非公開での希少求人がある可能性も高いでしょう。面接対策を行っており、安心して面接に臨めることも特徴です。

**こんな人におすすめ**
・幅広い求人が見たい
・他社にはない希少求人を探している
・面接対策などのサポートが必要

 

 


 

dodaおすすめ度★★★★★


doda公式サイト:https://doda.jp/
 
dodaも業界最大手の転職エージェントです。求人をたくさん提案してくれると評判ですので、幅広い選択肢を持ちたいという方、転職をはじめたばかりの方は、登録すると自分を取り巻く転職市場がよく見渡せると思います。
また、転職者満足度NO.1を獲得しており、求人やキャリアアドバイザーの質が高いと評判です。

**こんな人におすすめ**
・転職活動を始めたばかりだ
・質の高いたくさんの求人が見たい
・キャリアアドバイザーに細やかにしっかりとサポートしてほしい

 

 


 

パソナキャリアおすすめ度★★★★☆


パソナキャリア公式サイト:https://www.pasonacareer.jp/
 
サポートの幅がひろいのがパソナキャリアの特徴です。転職エージェントにいくのが不安、、、という方も、幅広い層を丁寧にサポートしているパソナキャリアであれば安心して進めていけると思います。また、転職時に年収がアップした実績を豊富にもっているのもパソナキャリアの強みといえるでしょう。

**こんな人におすすめ**
・様々な業種や職種の求人が見たい
・キャリアアドバイザーに丁寧な対応を期待したい
・年収をアップさせたい

 

関連記事

RELATED ARTICLES

2019.09.02

メルカリ

転職活動をしている方にとって、志望企業の福利厚生の内容は入社の決め手の一つとなるのではないでしょうか? 今回は、日本を代表する大企業の一つとなったメルカリの充実した福利厚生について詳しくお伝えします。 目次メルカリの福利 […]

2019.11.02

メルカリ

フリマアプリ「メルカリ」で急成長をしている株式会社メルカリ。メルカリは「新たな価値を生みだす世界的なマーケットプレイスを創る」という明確なミッションを実現するために、メルカリアプリのアップデートやメルペイの導入など、日々 […]

2019.09.02

メルカリ

株式会社メルカリが企画・開発・運用するフリマアプリ「メルカリ」は、1か月に延べ1350万人(2019年08月08日現在)が利用するアプリに急成長しました。最近では、「メルカリ経済圏」とも呼ばれるエコシステムを拡大しつつあ […]

2019.09.02

メルカリ

「新たな価値を生み出す世界的なマーケットプレイスを創る」をミッションにフリマアプリ「メルカリ」を展開する株式会社メルカリ。アプリダウンロード数は、日本とアメリカで1億ダウンロードを突破しました。 2019年2月にはメルカ […]

×