2021.10.05

AWS

AWSへの入社実績多数!難易度の高い面接対策に時間をかけ、内定確度を上げる

選考難易度の高さで知られるAWS。複数人の内定を出せる転職エージェントが国内にほとんどいない中、トップクラスの内定率を誇るのが、株式会社●●●のA氏です。
年間10名の入社実績で、高い選考通過率を誇るA氏。その強さの秘訣や、AWSが求める人物像、入社を決める方の特徴について、話を聞きました。

A氏
株式会社●●● プレジデント・シニアコンサルタント

インテルやマカフィー社などの外資系IT企業で約20年間セールスマネージャとして勤務、年間最優秀賞などさまざまな賞を獲得したのち、2014年に株式会社●●●を設立。
現在は代表取締役兼シニアコンサルタントとして主にIT企業やコンサルティングファームへ人材を紹介している。
選考通過率が非常に高いため企業からの信頼も厚く、自身の転職経験に基づくアドバイスや過去の面接の質疑内容を使用した面談対策、給与、入社日などの各種交渉も候補者から高い評価を得ている。

 

(※転職エージェント紹介サービス【エージェントファインダー】にご登録いただいた方に、A氏のプロフィールを公開しています。但しご経歴によっては、情報を提供できない場合がありますことをご了承ください)

クラウドシェアは世界トップ!エージェントから見たAWSで働く魅力

―外資IT企業やコンサルティングファームに特化した貴社の中でも、AWS(Amazon Web Services)への紹介実績が豊富です。具体的な紹介数やポジションについて教えてください。

個人実績はAWS内でも国内トップレベルで、コンスタントに、年間10名の入社を決めています。

先方の人事の方から、一次選考における通過率が、他のエージェントと比較して2~3倍高いと言っていただいたこともあります。

30代から50代までと年齢層は幅広く、ベンダーで企業向けのアプリケーションソフトウェアを扱う人が対象です。

―ITベンダー勤務の候補者にとって、AWSの魅力とは?

クラウドシェアは世界トップであり、エンタープライズ領域ではAWSがGoogleを圧倒しています。

Amazon.comという世界最大のEコマースを運用しているAWSは、新しい機能が出るたびにプラットフォーム上で実証実験ができる。

自社でサーバを100万台以上保有しているのはGoogle、Microsoft、Amazonだけであり、実装へのスピード感は世界トップレベルだといえるでしょう。

 

AWSが求めるのは「学習意欲が高い」人材

―どんな方がAWSで内定を得やすいのでしょうか。

基本条件としては、エンタープライズ領域のアプリケーションソフトウェアを扱っている方で、事業会社ではなくベンダー出身者を求めています。
10年以上の経験が必要なので、年齢層は比較的高いですね。

AWSの採用において特徴的なのは、学習意欲にフォーカスする点です。

もともとAWSはインフラ系ソリューションからスタートした会社ですが、インフラ系の経験がなくても入れることもあれば、AWSのシステムのベースにあるLinux(リナックス)をやったことがなくても採用されることがあります。

これまでの経験にしばられず、新たな領域にチャレンジしていきたいというモチベーションが大切です。

AWSとしては、インフラ、アプリケーション、ネットワーク、セキュリティ、SaaSまで幅広く知識を持っている方を欲していますが、それだけ知識をもった人材はほとんどいません。

そこで、現時点で一領域に特化していたとしても、「今までやってこなかったことをやっていきたいかどうか」を重視しています。

50代以上の方でも、実績や成功体験に胡坐をかかず、学ぶことを楽しめる人を求めています。

 

AWSに特化した緻密な面接対策で高い内定率を実現

― AさんがAWSに強い理由とは何ですか。紹介までのプロセスで工夫されていることを教えてください。

AWSは面接が非常に構造化されており、面接の各フェーズで聞くべき内容、チェック事項、評価軸がすべて決められています。

質問内容もSTAR(Situation,Task,Actions,Results)のフレームワークに基づいたものなど、きちんと用意していなければ答えられないものも多い。
そこで、面接対策として事前にインプットすべき膨大な情報を過去問としてまとめており、その数は、他の企業と比較しても非常に多いです。

これまでの実績から実践的な準備・対策を進められるのは、内定角度を上げる大きな要因になっていると思います。

― AWSに興味を持つ候補者に向けて、メッセージはありますか。

AWSからは「この候補者を、どこから連れて来たんですか?」と驚かれることがよくあります。
当社はサーチ型のエージェントとして、AWSが求める人材にピンポイントにアプローチして実績を重ねてきました。

一人のコンサルタントがクライアントも候補者も360度で対応しているため、どんな方が必要とされているのか知り尽くしている。
転職相談でも、どのスキルや経験、マインド面をどうアピールすべきかを一つひとつアドバイスすることができます。

代表である私も、日程調整や選考対策、給与交渉まで一気通貫で責任を持って見ています。
これまで転職サポートした多くの方がAWSで活躍しているので、社内のリアルな情報もお伝えでき、働くイメージを抱きやすいのではないかと思っています。

「サーチ型」の転職エージェントだからこそ、日々接するのは転職意志の固まっていない方々が大半です。
現時点で転職するかはわからないけれどAWSについて詳しく知りたい方、外資ITへのキャリアに興味のある方は是非ご相談いただければと思います。

 

AWSへの転職をご検討中の方へ

A氏へに詳しく話を聞いてみたい方、転職相談をしたい方、まだ転職までは考えていないがAWSへの転職に興味がある方は下記のボタンより、転職エージェント紹介サービス【エージェントファインダー】にご登録ください。A氏との面談をセッティングさせていただきます。但しご経歴によってはセッティングが難しいことをご了承ください。

 

AWSへの転職なら Aさん
株式会社●●● プレジデント・シニアコンサルタント

AWSの選考通過率はトップクラス
内定実績多数のためAWSの人脈・情報量が豊富
選考内容/過去問をDB化、面接対策を徹底指南
圧倒的な交渉力で満足度の高いオファーを実現

 

>>>Aさんへのキャリア相談を希望する方はこちら

関連記事

RELATED ARTICLES

×