アマゾンジャパンへの転職難易度を測るために、まずは情報収集を。年収・職種や仕事内容・充実した福利厚生について解説

世界を代表する通販サイトAmazon。GAFAの一角を成し、グローバルに事業を展開しており、その進化は止まりません。

みなさんも一度は「アマゾンに転職してみたい!」と思ったことがあるのではないでしょうか。

アマゾンジャパンへの転職難易度を図るためには、現在の自分とアマゾンジャパンのギャップを知ることが重要です。

本記事では、アマゾンジャパンに転職を希望している方に向けて、
年収・職種や仕事内容・充実した福利厚生について等、幅広く紹介します。

アマゾンジャパンへの転職におすすめのサービスもご紹介しているので、参考にしてみてください。

 

まずは、必ず気になるアマゾンジャパンの年収、給与制度について知る

アマゾンジャパンでは、

  • ビジネス部門
  • 職種コード(マーケティングやサプライチェーンなど、担当業務によって細かく分かれているもの)
  • ジョブレベル(年齢にかかわらず、業務経験やコンピテンシーに応じて決定されるヒエラルキー構造によるもの)

の3つの要素の掛け合わせによって給与レンジが設定されています。

また、昇給の機会は年2回あり、4月と10月となっています。

その際、ジョブレベルが上がるような大きな昇給と、ジョブレベルが上がるほどではない昇給の2つのケースがあります。

この年2回の査定両方に

  • リーダーシッププリンシプルに基づいた評価
  • 360度評価

を導入しており、中でも「リーダーシッププリンシプル」を最重要価値と定めており、人材採用のプロセス、入社後の業務の進め方から評価プロセスに至るまで、多くの場面で判断基準としています。

年収や給与制度、リーダーシッププリンシプルの内容については、
以下の記事で、詳しくお伝えしていますので併せてご覧いただければと思います。

 

 

 

アマゾンジャパンの転職に選ばれているサービスはこの2つ

アマゾンへの内定実績トップクラスのエージェントを紹介してくれるサービス
エージェントファインダー
(アマゾンや外資IT志望の方向け)


アマゾンの求人を保有している最大手の転職エージェント
リクルートエージェント
(アマゾン含め幅広い提案を受けたい方向け)

 

自分のキャリアを描くために、アマゾンジャパンの職種や仕事内容、仕事の進め方を知る

アマゾンジャパンの中枢を担う3部門は

  • 事業開発・セールス・マーケティング
  • ロジスティクス
  • カスタマーサービス

です。

それぞれの代表的な職種は、下記の図をご覧ください。

また、仕事の進め方の特徴としては、
数字やデータを意識しながら業務が進むことです。

どのような場面でも数字をもとに語ることが求められ、かつスピーディーにアクションをとる必要があります。

職種ごとの詳しい仕事内容や仕事のスピード感について、
以下の記事で、詳しくお伝えしていますので併せてご覧いただければと思います。

 

 

理解を深めるために、アマゾンジャパンの充実した福利厚生を知る

アマゾンジャパンでは、
「社員は会社の財産」という考え方があり、様々なサポート体制が充実しています。

アマゾンジャパンならではのユニークな福利厚生として

  • 制限付き株式(RSU)の支給
  • 社内公募制度
  • 社員割引制度

が用意されています。

また、フレックスタイムが導入されており、
対象社員は利用可能であることに加え、リモートワークや時短勤務の制度も整っており働きやすい環境が整っています

外資ならではのワークライフバランスへの考え方で、
社員が健康を維持し、状況に応じて柔軟な働き方ができるようなサポート体制が充実しています。

アマゾンジャパンならではの福利厚生の内容や実際の社員の声など
以下の記事で、詳しくお伝えしていますので併せてご覧いただければと思います。

 

 

アマゾンジャパンへ転職するには

アマゾンジャパンへの転職希望者に向けた年収・職種や仕事内容・充実した福利厚生についていかがでしたか?
アマゾンジャパンへの転職を考えてる方は、まずは多くの情報をインプットして転職活動に臨んでもらいたいと考えています。

また、アマゾンジャパンのような人気企業では、採用計画や事業戦略を公にしないために、非公開求人が多くあります。

エージェントにより、保有求人または応募してからの通過率が異なりますので、アマゾンジャパンの転職において
たくさんの人から選ばれているエージェントに登録することをおすすめ
します。

なかでも、アマゾンジャパンへ転職するには、

に登録が近道です。

 

エージェントファインダーおすすめ度★★★★★

 

一番のおすすめはエージェントファインダーへの登録です。

エージェントファインダーとは、アマゾンへの内定実績トップクラスのエージェントを紹介してくれるサービスです。アマゾンジャパン、または外資ITへの転職に強いエージェントとの転職活動を希望する方にとっては非常に有効なサービスになっています。

**こんな人におすすめ**
・アマゾンジャパンへの内定実績トップクラスのエージェントを探している
・アマゾンを含む外資IT業界への転職を希望している
・どのエージェントに登録したらよいか悩んでいる

 

**転職実績**
Aさん 大手人材企業 → アマゾンジャパン アカウントマネジメント 年収700万円
Bさん 大手SIer   → アマゾンジャパン エンジニア       年収500万円
Cさん 日系物流会社 → アマゾンジャパン 倉庫オペレーション   年収650万円
Dさん 広告代理店  → アマゾンジャパン マーケティング     年収800万円

 

リクルートエージェントおすすめ度★★★★

次におすすめはリクルートエージェントです。

業界リーダーの転職エージェントということもあり、多くの企業との強い繋がりを持っていますし、アマゾンジャパンの求人を確実に保有してるエージェントです。

**こんな人におすすめ**
・アマゾンジャパンの求人がみたい
・アマゾンジャパン以外にも自分に合った求人を提案されたい
・面接対策などのサポートが必要

 

アマゾンジャパンへ転職するために、是非参考にしてみてください。

関連記事

RELATED ARTICLES

アマゾンジャパンでは、「社員は会社の財産であり、会社の成功と成長には必要不可欠である」という考えをベースに、福利厚生が設定されています。 社員が健康を維持し、状況に応じて柔軟な働き方ができるようなサポート体制が充実してい […]

アマゾンジャパンの主力事業であるEコマースは「ネット通販」と呼ばれることもありますが、インターネット上で商品やサービスの売買を行う電子商取引を指します。 商品としては電化製品、衣料品、食品、雑貨、家電など多岐に渡り、今後 […]

2022年2月、米国のアマゾンドットコムが、ホワイトカラーの年収「上限」を35万ドル(約4000万円)まで引き上げると報じ、話題となりました。これまでの上限は16万ドル(約2000万円)だったので、2倍です。 競争が激し […]

×