2021.06.01

ヤフー

ヤフー現役社員に聞く、企画職の仕事・働き方・残業時間やボーナス

ポータルサイトYahoo! JAPANを中心にYahoo!ニュース、Yahoo!ショッピングと多岐に渡って事業を拡大しているヤフー株式会社。
本記事では、ヤフーのメディア事業部に在籍し、WEBプロデューサー/ディレクターとして従事する社員にインタビューを行いました。仕事の進め方やボーナス事情、労働時間などヤフー企画職の働き方に迫ります。

 

プロフィール

40代男性社員 私立大学経済学部出身

新卒でネットメディアの会社に入社。そこで、メディアの立ち上げなどに携わったのち、Webの制作会社に転職し、複数の広告案件を担当。その後、事業会社でのサービス開発経験を求めてヤフーに転職。複数企業から内定をもらっていたなか、ヤフーへの転職を決めた理由は、売り上げや利益、社員数などから最も企業価値が高いと考えたため。

ヤフー企画職の仕事内容

ヤフーの事業は多岐に渡り、Yahoo!ニュースなどの「メディア事業」、Yahoo!ショッピングやYahooトラベルなどの「コマース事業」、クレジットカードやFX、決済などに関わる「決算金融関連事業」と事業ごとに組織が別れています。私が在籍しているのはメディア事業でWEBのプロデューサー/ディレクター業務をしています。これはヤフー社内では企画職という言われる職種です。

業務内容はサービスによって様々ですが、その多くは「調整業務」です。関連サービスも多い大きな組織なので一つのプロジェクトを進めるには社内の関係部署との調整や、稟議や決済などを滞りなく行う必要があります。

 

ヤフー企画職の仕事の流れ

主な仕事の流れとしては、自分がアサインされたプロジェクトやキャンペーンの企画をもとに、それを実現するために必要なリソースや予算を、サービスやサービスをまとめたユニットのマネジャーに承認を得ながら確保することから始めます。

プロジェクトやキャンペーンは自身が立案する場合もあれば、すでに動いているものにアサインされるケースもあります。その後は計画通りに進捗しているかを管理したり、上記のための資料作成や打ち合わせを行なったりします。

また、企画職は担当しているメディアが達成するPV(ページビュー)数や売り上げなどの数値が目標となってくるため、数値達成に向けてできることを複数用意して目標を達成する準備を日々行なっています

 

ヤフーへの転職に選ばれているサービスはこの2つ

ヤフーへの内定実績トップクラスのエージェントを紹介してくれるサービス
エージェントファインダー
(ヤフーなどメガベンチャー志望の方向け)


求人数業界No.1 最大手の転職エージェント
リクルートエージェント
(ヤフー含め幅広い提案を受けたい方向け)

 

ヤフー企画職の残業時間

ヤフーでは、業務量・仕事量は厳しく管理されているので、月の残業時間が40時間を超えることは滅多にありません。時期や担当業務によって差はあると思いますが、新型コロナウィルスの影響もあり残業時間は以前に比べ減っている印象です。そのため、個人差はあるかもしれませんが私は激務とは思っていません。

 

ヤフー企画職のやりがいや魅力、苦労

国内において、ヤフーのサービスを利用してくれる人は大勢いるため、PV数など達成できる数字が大きいことはやりがいの一つです。会社の知名度があり他社からの信用を得やすいため、広告案件など他社とのプロジェクトで多くの経験ができる点にも魅力を感じています。

また、ヤフーでは週休3日を選択できる休暇制度「えらべる勤務制度」が導入されているのも魅力の一つです。この休暇制度は、小学生以下の子どもがいる方や、家族の介護や看護が必要な方を対象に、土日の休日に加え1週あたり1日の休暇を取得できるように2017年4月から導入されたものです。これにより、育児や介護、看護を行う家庭の方たちでも家族のサポートをしながら、より安心して働くことができる環境となりました。また、小学校の夏休みにあわせて8月のみ制度を利用するなど、月単位で申請や曜日変更、解除が可能なため、比較的利用しやすい制度だと思います。
苦労したことや大変だったということは、今のところは特にありません。

 

ヤフーで評価される人、出世する人

出世するために重要なことは、上司や部下など同僚から嫌われないことだと思います。そのために、周囲からの相談や問い合わせにはポジティブなフィードバックをしたり、相手の意に沿えなかったとしても、きちんと理由を明示して納得感のある回答を心がけたりすることが大切です。これらは出世している多くの人に共通していて、特にこの能力に長けている人が管理者として出世しているのかもしれません。

 

ヤフー企画職の年収とボーナス

基本的に年収は、基本給+ボーナス+残業代という形です。私のような転職者は面接のタイミングでヤフーから基本給の提示があり、それをもとに交渉を行う流れになるかと思います。

ボーナスについては、基本的に年2回、それぞれ基本給の約2ヶ月分。金額で言うと、100〜150万円ほどです。ボーナスの支給額は半年に一度行われる査定結果に応じて90%〜110%程度の変動があります。

査定の結果には、先ほどお伝えした、目標に対する達成度などが深く関与しますので、日々目標を達成するために努力することが大切です。

残業代については、給与グレードによって変わってくるため一概には言えませんが、基本的には、先程述べたように残業時間が40時間を超えないように管理されているので、その範囲内で超過した分だけの残業代が支給されるかたちになっていると思います。

 

昇給するには

次に昇給についてですが、こちらは複数の上司による査定で決定します。どの職種も査定方法は同じで、期初に設定した目標に対しての達成度によって判断され、数値化できない業務の場合はタスクの難易度や定性目標の達成度によって判断されることが多いです。

また、他の方はわかりませんが私の経験上、会社単位で注目があつまる業務を担当した場合は査定に大きな影響を与える可能性があると感じています。さらに、組織ごとに使える原資が決まっているので、その原資が多い組織にいることが昇級の難易度を左右します。

 

ヤフーのリアルを探る【10問10答】

1)入社してよかったこと

世間的にも知られている大手企業なので、社会的な信用が得られ家族が喜んでくれることです。

2)合コンや飲み会の時の人気度

ヤフーに転職してから、合コンなどには参加していないので、人気度についてはわかりません。

3)社内恋愛や結婚は多い?

多いか、少ないかの基準が分かりませんが、新卒入社の方は比較的多いかもしれません。しかし、最近はコンプライアンスの意識が強化されていることも影響して、以前に比べ減っているのではないでしょうか。

4)周囲の方々の転職先は?

人によってさまざまですが、スタートアップのネット企業に転職するケースが多いように思います。

5)周囲の方々の転職先は?

マイホーム

6)同僚・先輩・上司が身につけている時計(男性)やバッグ(女性)は?

私自身、ブランド物に興味がないため把握しておりません。

7)同僚・先輩・上司が住んでいる場所は?

都内の戸建てやマンションを所有している人が多いです。豊洲など新興のタワーマンションなども多いと思います。

8)長期休暇でみなさんが良く行く場所は?

最近はわかりませんが、新型コロナウイルス感染症が広まる前は、海外旅行に行く人が多かったです。

9)会社からの「課題図書」ってありますか?

ありません。各々が好きな本を読んでいます。

10)転職先としての自社は5段階評価でいくつ?

3.5くらいでしょうか。基本的にはおすすめしますが、仕事の進め方のルールが厳格な部署や役割によっては、個人の裁量が少なく活躍の可能性が狭められてしまうこともあるかと思います。また給与水準は決して高いとは言えないと思いますので、その点を減点しています。

 

ヤフーへ転職するには

ヤフーのような人気企業では、採用計画や事業戦略を公にしないために、非公開求人が多くあります。

エージェントにより、保有求人または応募してからの通過率が異なりますので、ヤフーの転職において
たくさんの人から選ばれているエージェントに登録することをおすすめ
します。

なかでも、ヤフーへ転職するには、

に登録が近道です。

 

エージェントファインダーおすすめ度★★★★★

 

一番のおすすめはエージェントファインダーへの登録です。

エージェントファインダーとは、ヤフーへの内定実績トップクラスのエージェントを紹介してくれるサービスです。ヤフーまたはメガベンチャーへの転職に強いエージェントとの転職活動を希望する方にとっては非常に有効なサービスになっています。

**おすすめポイント**
・ヤフーへの内定実績トップクラスのエージェントを探している
・ヤフーを含むメガベンチャーへの転職を希望している
・どのエージェントに登録したらよいか悩んでいる

 

リクルートエージェントおすすめ度★★★★

次におすすめはリクルートエージェントです。

業界リーダーの転職エージェントということもあり、多くの企業との強い繋がりを持っていますし、NO.1の求人数を保有してるエージェントです。

**おすすめポイント**
・ヤフーの求人がみたい
・ヤフー以外にも自分に合った求人を提案されたい
・面接対策などのサポートが必要

 

ヤフーへ転職するために、是非参考にしてみてください。

関連記事

RELATED ARTICLES

2021.04.06

ヤフー

本記事では、日本国内最大級のポータルサイトとして急成長を遂げるヤフー(Yahoo!)の社風について、ヤフーの元管理職の社員に取材した内容をインタビュー形式でお伝えします。 拡大を続けるヤフーの変遷や社内カルチャーなどにつ […]

2021.04.07

ヤフー

本記事では日本国内最大級のポータルサイトYahoo!を運営するヤフー株式会社の組織構造に迫ります。部署構成や組織ごとのカラー、花形部署について、元管理職の社員に行ったインタビュー内容を元にお伝えします。 <インタビュー協 […]

2021.04.14

ヤフー

本記事では「ヤフーの仕事」をテーマに、部署を横断する「企画職」の仕事のやりがいや苦労、ヤフーで働く魅力を元社員に語っていただきました。 <インタビュー協力者 Bさん> ヤフー元管理職(部長職) 有名私立大学出身/男性 & […]

yahoo_salary

2021.05.07

ヤフー

圧倒的なユーザー数を誇るインターネットサービス「Yahoo!JAPAN」を運営するヤフー株式会社(※)。 保有するサービスは100以上で、オンラインニュースから、今や携帯電話やクレジットカードなど、オフラインの実生活でも […]

2020.05.20

ヤフー

ヤフー株式会社(※)はYahoo! JAPANという日本最大のポータルサイトにて、検索サービスだけでなく、ニュースメディア、オークションサイト、携帯電話事業、など様々なサービスで日本のユーザーとつながっています。 日々進 […]

×