2020.05.26

SONY

ソニー(SONY)は平均年収1,051万円!現役社員がボーナスやジョブグレード別の年収、リアルな年収事情を解説

ソニー(SONY)は平均年収1,051万円(平均年齢42.4歳)と非常に高い年収で知られています。
ジョブグレード制という独自のグレードが設定されており、グレードが上がると年収が上がる仕組みになっています。転職者はどれくらいのグレード、年収でスタートしているのでしょうか?
入社後はどのようにグレード、年収がアップするのでしょうか?今回はソニー株式会社の年収やボーナス、ジョブグレード制やグレード別の年収、年収の上がり方などリアルな事情を、ソニー現役社員である筆者が解説します。

ソニー(SONY)の平均年収と30歳社員の年収

  • 平均年収1,051万円(平均年齢42.4歳)
  • 30歳の筆者 年収約880万円

2019年3月期の有価証券報告書によると、ソニーの平均年収は1,051万円(平均年齢42.4歳)です。
日本の平均年収が正規雇用で494万円ですので、かなり高いと言えるでしょう。

30歳の筆者は、某日系精密機器メーカーからソニーに転職し、営業職から管理系の職種にジョブチェンジしました。
後述する「ジョブグレード」は前職とほぼ同等の「I3」(詳細は後述します)で入社し、2019年の年収は約880万円、前職から100万円以上アップしました。

 

ボーナス及び査定方法について

前述の通り、30歳の筆者の2019年年収は約880万円でしたが、そのうちボーナスは年間約300万円程でした。
ボーナスは毎年6月と12月の年に2回支給され、以下のような違いがあります。

  • 6月…会社の業績や個人の評価に応じたボーナスが支給される
  • 12月…会社の業績や個人の評価に関係なくジョブグレードに沿って一律支給。

筆者の場合、冒頭でボーナスは300万円とお伝えしましたが、内訳は6月に75万円、12月に225万円というバランスでした。

個人の業績にもよりますが、役員以外の一般社員であれば概ね月給5カ月分がボーナスとして支給されます。
また、業績がよい場合は後述するジョブグレードが上がるほど、ボーナスの割合が高くなります。

ソニーでは、査定は年に1回のみです
4月から5月頃に年間の課題目標を設定し、翌年4月にレビューします。

そのレビュー結果を基にボーナス及び評価が決定されるため、例外はありますが、該当者はその年の7月から昇格あるいは降格という流れになります。

 

SONYへの転職なら元半導体エンジニア Kさん
株式会社———— コンサルタント

SONY エンジニア職への圧倒的な内定率・実績
①ソニーが求める人物像を熟知
②深い技術理解で適切な求人をご紹介
③エンジニア面接の落とし穴 謙遜=自信不足を乗り越える面接サポート

 

>>>SONYへの内定率は他社の20倍!Kさんへのキャリア相談を希望する

 

ソニーのジョブグレード制とグレード別の年収

ソニーではジョブグレードという名称で社員がクラス分けされるジョブグレード制をとっており、管理職ではない一般社員はI1からI5のグレードに分かれます。

大卒社員は一般的にはI3(担当者)からのスタートになり、I4が主任(上級担当者)、I5が係長(リーダー/専門家)レベルとされています
ちなみにI5になると部下を4-5人持つグループリーダーに相当し、英語表記では役職にManagerが付くようになります。

特に実力主義が強調される昨今においては、昇格のタイミングは人によって異なるため、一概には言い難いですが、イメージとしては順調に行って30歳でI4、34歳辺りからI5になります。

I5より上のグレードでは、I6からI9のスペシャリストもしくはM6より上のいわゆる管理職を目指す何らかの形になります。
なお、ソニー内の呼称としてM6は統括課長、M8が統括部長、M9が事業部長、M12が執行役レベルとされています。

少なくとも筆者の周囲では殆どの人が「M」から始まる管理職の道を選択しています。

一般社員のグレード別年収イメージは以下の通りです。

ジョブグレード 職種 年収
I3 担当者 500~700万円
I4 上級担当者 700~900万円
I5 リーダー/専門家 900~1100万円

 

ソニー転職者の入社時の年収

ソニーへ転職された方々の年収実績は以下の通りです。

前職/年収 現職(ソニー)年収
Aさん 27歳 住友電気工業/550万 670万
Bさん 30歳 富士通/600万 700万
Cさん 26歳 リクルート/600万 600万
Dさん 33歳 日立製作所/650万 720万

ソニーへの転職を機に年収が100万以上アップした方も、特に変わらない方もいらっしゃいました。

 

ソニーで年収をアップさせるには?評価方法について

年に1回に行われる評価は、以下の2軸で行われます。

  • 目標の高さとその達成度を測る「実績評価」
  • ソニー社員に求める行動の実践度を測る「行動評価」

「実績評価」はボーナスに、「行動評価」は実績評価と合わせて「役割遂行度評価」として基本給の改定に反映されます
役割遂行度評価はジョブグレード改定の参考指標としても用いられます。

「実績評価」は年1回、目標の高さと達成度の視点から実績の大きさを見て、1-5の5段階で評価されます。
とはいっても、8割の人は2から4の評価になり、1や5はあまり聞きません。

「行動評価」も年に1回、人事部が定める「ソニー社員に求める行動」からブレイクダウンし、ジョブグレードごとに定めた行動評価基準の各項目の実践度を判断して、上司が決定します。
こちらも1-5の5段階評価です。

これら実績評価と行動評価のマトリックスからボーナスやジョブグレードが決定され、基本給はジョブグレードに応じて上がっていきます。

基本的に昇進を見据えて、常に目標や行動は1つ上のグレードを意識させられます。
実際、筆者もI4に上がる時は、サブリーダーとしてグループのまとめ役を期待され、業務を引っ張っていく役割を求められました。

 

ソニーでのリアルな年収事情

ここでは筆者が目の当たりにしてきた、実際の年収が上がった例、下がった例をご紹介したいと思います。

 

年収が上がった例

海外から帰任したI5のAさんは中国グループのグループリーダーにアサインされたにもかかわらず、隣のグループの欧米の競合含めた詳細な価格調査、分析をしてマネジメントに発表しました。

着任直後に隣のグループの仕事に口出しするなんて、と当時転職したばかりの筆者は驚きましたが、業務範囲を自分で狭めずに問題意識を持ち、他のグループの仕事が十分でないと感じたこの行動は結果的にマネジメントに大変評価され、その後欧米のグループのリーダー兼務になった後、統括課長になりました。

I5から統括課長では200万円ほどの年収アップが見込まれると言われています。

 

年収が下がってしまった例

ソニーでは基本的に与えられたミッションをしっかりこなしていれば、外資系のように突然会社にきたらクビになっていたり、降格したりといったことはあまりありませんが、病気がちになり、通院のため出社が少なくなった50代のGさんはI5からI4への降格がされ、給与も下がってしまいました。

こういった致し方なく降格となるケースは存在します。

 

年収に影響する評価について

ソニーで評価され、昇進していくためには「存在感」を出していくことは非常に重要です。
個性が強い集団の中で自分を目立たせなければならず、評価が自部署内に留まるようではI5以上に上がることはできません。

業務を共にする他部署の評価も上げつつ、会議などでは率先して発表や意見を発信していき、存在感をアピールしていくことが重要です。

また、一般的な日系企業と比較すると年齢は関係なく優秀な社員のグレードはどんどん上げていますし、年功序列から成果主義に移行している企業と言えます
しかし、外資系やスタートアップと比べたら昇進スピードは物足りないかもしれません。

 

SONYへの転職なら元半導体エンジニア Kさん
株式会社———— コンサルタント

SONY エンジニア職への圧倒的な内定率・実績
①ソニーが求める人物像を熟知
②深い技術理解で適切な求人をご紹介
③エンジニア面接の落とし穴 謙遜=自信不足を乗り越える面接サポート

 

>>>SONYへの内定率は他社の20倍!Kさんへのキャリア相談を希望する

 

ソニーが求める人物像

ソニーのHPには「自ら考えて行動し、アウトプットを出せる人が求められる」と書かれており、実際会社はそういった人を求めていると感じます

ソニーは伝統的な日系企業とは企業文化が異なり、自主性を重んじる点が大きな特徴です
上司に言われたから、前任者がそうしていたから、といった言い訳は通用しません。
状況を分析し、自分で考えてオリジナルなアウトプットを出せる人を後押しし、評価する会社です。

 

自由闊達にして愉快なるソニー


転職して実際に働いた筆者の実感として、ソニーは個を重んじる自由闊達な会社といえます

例えば日系メーカーの大半は協調性を重んじ、チームワークを求める企業が多いように感じます。しかし、ソニーは個人を重んじる文化だと思います。

筆者自身も転職して驚いたのは、間違っていてもいいから、会議で積極的に発言したり、役員にも物おじせずにガンガン発言するような人材が評価されます。
ソニー社員にプレゼン能力が高く、若いうちから自発的にビジネスに影響を与えるような成果を出す社員が多い理由は、このような社風にあると思います。

実際、他社に転職することに対する会社側の受け止め方もネガティブでなく、社外で活躍しているOBも多くいます。
とがった人材を個性として尊重する文化の中で、のびのび仕事をして成長していきたい人にはおすすめの企業です。

 

ソニーへ転職するには

ソニーの年収・ボーナスについて理解は深まりましたか?
ソニーへ転職したい方は、ソニーへの転職実績が豊富なエージェントへの相談が転職成功への近道となるでしょう。

エージェントファインダーは、あなたが入社したい企業に強い “転職エージェント”を紹介してくれるサービスです。
情報を登録すると、志望企業に精通しているエージェントを提案してくれ、転職成功までのサポートが受けられます。
志望企業、あるいは志望業界が明確であれば、こちらのサービスはスムーズな転職への近道となるはずです。
サービスは無料で提供されていますので、一度登録をお勧めいたします。

 

関連記事

RELATED ARTICLES

2020.06.19

SONY

約1,500名の海外赴任社員が国籍や年齢に関係なくグローバルに活躍しているソニー株式会社(以下、ソニー)では、多種多様なライフスタイルに合わせて長期的なキャリア形成ができるよう、様々な福利厚生が用意されています。充実した […]

×