ベイカレント・コンサルティングの平均年収は1100万円!ITコンサルタントの働き方と魅力

2016年にマザーズに上場、2018年には東証一部に市場変更し業績拡大を続けるベイカレント・コンサルティング。

日本発のコンサルティングファームとして、顧客企業の経営戦略策定やシステム開発、デジタルトランスフォーメーション(DX)の支援などに幅広く取り組み実績を上げています。

本稿では、ベイカレント・コンサルティングの元ITコンサルタントに年収事情や仕事の魅力、働きやすさについて赤裸々に語っていただきました。

 

インタビュー対象者

ベイカレント・コンサルティング 元ITコンサルタントAさん

30代男性/ 国公立大卒

前職ではプログラマーとしてシステム開発に従事

 

ベイカレント・コンサルティングとは

ベイカレント・コンサルティング(BayCurrent  Consulting Inc.)は、日本に本社を置くコンサルティング会社です。
前身企業は1998年に創業、2016年に東証一部に上場しています。

本社は東京都港区の虎ノ門ヒルズ森タワー。
有価証券報告書(2021年2月28日)によると以下の通り高い平均年収です。

従業員数 2,161人
平均年齢 32.9歳
平均年間給与 1,101万円
平均勤続年数 3.9年

平均勤続年数が短く、人材の流動が激しいのも特徴です。
中途採用を積極的に行っており、2022年2月期第1四半期累計期間に新たに200人のコンサルタント(新卒含む)を採用しています。

2021年2月期の決算では、売上高428億円、純利益91億円で、2017年比で売上高3倍、純利益8倍となっています。

2022年~26年の5年間を「国内最大級の総合コンサルティングファームとして実績を積み上げる」期間と位置付け、年率20%ペースで継続的に成長し、26年に売上高1000億円を目標としています。

社員数は現在の2倍となる4000人体制を構築し、特に「DXコンサルティング」に注力する方針です。

 

ベイカレント・コンサルティングへの転職に選ばれているサービスはこの2つ

ベイカレントへの内定実績トップクラスのエージェントを紹介してくれるサービス
エージェントファインダー
(ベイカレント他、コンサルティングファーム志望の方向け)


求人数業界No.1 最大手の転職エージェント
リクルートエージェント
(ベイカレント含め幅広い提案を受けたい方向け)

 

ベイカレントの組織構成と平均年収

 

全コンサルタントが同じ部門!?

ベイカレント・コンサルティングでは、すべてのコンサルタントが同じ部門に所属する「ワンプール制」を採用しています。

社員数の9割はコンサルタント職で、経営戦略を担う戦略コンサルや、企業のシステム開発をサポートするITコンサルらが同じコンサルティング本部に所属しています。
自身の専門性にとらわれず幅広く知識や経験を共有し、顧客企業に対しても既存の枠にとどまらない提案をするのが狙いです。

ビジネスプロデューサー(BP)と呼ばれる人事部門の社員(計30人)が、各コンサルタントの定量的な評価を行い、専門性を加味してプロジェクトに配置します。

 

ベイカレントの平均年収は1,100万円

Aさんによると、新卒から入社2~3年の20代中盤までは「アナリスト」と呼ばれ、年収は500~600万円。

入社4~8年目の20代中盤~30歳前後が「コンサルタント」で600~800万円、主に30代が「シニアコンサルタント」、と順に昇格します。
シニアコンサルタントの年収が1千万円前後で、ベイカレントのコンサルタントのボリュームゾーンとなります

シニアコンサルタントの先の管理職は2通りで、いわゆるチームの管理に回る「マネージャー」と、難易度の高い案件を担当する専門性の高い「エキスパート」に分かれます。

マネージャーは早い人で30歳、通常は35歳前後で就く役職で、成績に応じて1000~1400万円、シニアマネージャーが40歳前後で1500万円程度、さらに昇格するとプロジェクトのトップを務めるパートナーとなり2000万円程度の年収となります。

エキスパートは、シニアエキスパート、チーフエキスパートと昇格し、同格のマネージャー職のマイナス100万円と言われています。

社員の平均年収は約1,100万円です。
役員報酬も開示されており、社長ら取締役3人が約2億円となっています。

 

ベイカレント中途入社者の年収実績

ベイカレントに中途入社した社員の年収実績は以下の通りです。
前職の業界に限らず、ベイカレントに転職することで年収がアップしていることがわかります。

 

年齢 前職 前職での年収 ベイカレントのでの年収
28歳 NTTデータ 650万円 800万円
29歳 日本生命 850万円 900万円
30歳 アクセンチュア 900万円 1300万円
32歳 みずほ銀行 700万円 1000万円

 

ベイカレント社員の前職/転職先はさまざま

Aさんによると、ベイカレント・コンサルティングの中途入社者は前職がアクセンチュアやフューチャーアーキテクトといった同業のほか、ヤフーといったIT企業も多いようです。

ITコンサルタントに限れば前職の業種はさまざまですが、即戦力となるシステム開発の経験者採用が目立っています

一方で、ベイカレント・コンサルティングから他社への転職先としては、同業他社やシンクタンク、外資系スタートアップ企業が見受けられるとのことです。

 

ベイカレント・コンサルティングへの転職に選ばれているサービスはこの2つ

ベイカレントへの内定実績トップクラスのエージェントを紹介してくれるサービス
エージェントファインダー
(ベイカレント他、コンサルティングファーム志望の方向け)


求人数業界No.1 最大手の転職エージェント
リクルートエージェント
(ベイカレント含め幅広い提案を受けたい方向け)

 

ベイカレントITコンサルタントの仕事

 

ベイカレントのITコンサルは顧客企業に1年超駐在

ベイカレント・コンサルティングのITコンサルタントは、主に顧客企業に駐在し、依頼されたシステムやサイトの構築を担います

Aさんは中途採用されてプロジェクトが決まるまでのわずかな期間のみベイカレント・コンサルティングの本社に通勤し、その後はずっと担当の顧客企業の本社に通っていました。

プロジェクトが立ち上がるとパートナー職の社員をトップに、20~30人のチームを組んで対応します。

「新たにECサイトを立ち上げたい」「社内の業務システムを刷新したい」といった要望を直接聞き取ってシステムを構築し、実際の運用、保守サポートまでが求められます。
そのため、おおむね1年間は1つのプロジェクトにつきっきりになると言います。

システム開発は外部に委託するのが一般的ですが、Aさん場合、同じプロジェクトのチームメンバーでプログラムを設計し、顧客企業と相談しながらシステムを完成させていたとのことでした。

ベイカレント・コンサルティングの前身企業「ピーシーワークス」がソフトウエアの開発を担っていたことから、プログラミングに精通した社員が多く在籍していることが影響しているとのことで、ベイカレント・コンサルティングのITコンサルの強みとされます。

 

ベイカレントでは残業45時間超えはNG

ベイカレント・コンサルティングでは社員の労務管理を徹底し、残業に厳しいことも特徴です。

残業時間が45時間を超えるとNGとなり、本人や上司の評価が大きく下がるため、定時で帰宅する人もいます。

顧客企業のシステム開発を担うため仕事を自宅に持ち帰ることもできず、Aさんの場合、追い込み時期は事前に申請を出して1カ月程度集中して残業していたこともあったそうです。

それでも終電で帰宅し、土日に出勤したことはなかったとのことです。

ベイカレント・コンサルティングが労務管理に厳しい理由としてAさんは、2016年の上場以来、過剰な勤務を抑止するといった企業コンプライアンスが徹底されるようになったことが背景にあると指摘します。
ただ、顧客企業との打ち合わせなどがあり「長期休みは取りにくかった」と振り返ります。

 

ベイカレント・コンサルティングで働く魅力

ベイカレント・コンサルティングに20代で転職したAさんは、若手ながらシステム開発のプロジェクトマネージャーを経験するなど「年齢問わず、やる気があれば仕事を任せてもらえる環境で、多くの経験を積めた」と仕事の魅力を語ります。

それには、ベイカレント・コンサルティングが年上の社員とも顔色を気にせず意見交換できる社風があると言います。

顧客企業からのベイカレントへの信頼が厚く、その信頼を基礎に多くのチャレンジができたことが大きいようです。
高額の給与が約束されていることも魅力の一つと話しています。

 

ベイカレントの転職オススメ度

 

5点満点で4点評価

Aさんの総評
社内の風通しがよく、労務管理がしっかりして働きやすい職場です。
そういった点で不満はありません。

ただ、長期的に働くことを考えた場合、会社の経営方針に納得できるかどうかの見定めは必要です。
上場以来、売り上げ拡大を進める中で、戦略コンサルの強化方針が振るわずに一転するなど、現場がやや振り回されることがありました。

業績拡大に向けコンサルタントを好条件で大量採用しているため、これまでの中途採用者と条件面で差が生まれていることも一部で問題視されています。
そうした点を踏まえて4点としました」。

 

高額給与と働きやすさが魅力

ベイカレント・コンサルティングへの転職の魅力として、高額な給与水準が挙げられます

ITコンサルティングの同業他社と比較しても高い水準とされ、顧客企業とのプロジェクト達成といった仕事面でのやりがいも多くあります。

ハードワークなイメージとは違い、コンプライアンスを重視した企業風土も好感が持てます。

ITコンサルタント人材は、企業各社のIT化、DX推進の動きに合わせて需要が高まっており、職場環境が整えられたベイカレント・コンサルティングで経験を積むことは有益ではないでしょうか。

 

ベイカレント・コンサルティングへ転職するには

ベイカレント・コンサルティングへの転職をお考えの方は、多くの情報をインプットして転職活動に臨むことが大切です。

また、ベイカレントのような人気企業では、採用計画や事業戦略を公にしないために、非公開求人が多くあります。

エージェントにより、保有求人または応募してからの通過率が異なりますので、ベイカレント・コンサルティングの転職においてたくさんの人から選ばれているエージェントに登録することをおすすめします。

なかでも、ベイカレント・コンサルティングへ転職するには、

に登録が近道です。

 

エージェントファインダーおすすめ度★★★★★

 

一番のおすすめはエージェントファインダーへの登録です。

エージェントファインダーとは、 ベイカレント・コンサルティングへの内定実績トップクラスのエージェントを紹介してくれるサービスです。

ベイカレント他、コンサルティングファームへの転職に強いエージェントとの転職活動を希望する方にとっては非常に有効なサービスになっています。

**こんな人におすすめ**
・ベイカレント・コンサルティングへの内定実績トップクラスのエージェントを探している
・ベイカレント・コンサルティングを含むコンサルティングファームへの転職を希望している
・どのエージェントに登録したらよいか悩んでいる

 

リクルートエージェントおすすめ度★★★★

次におすすめはリクルートエージェントです。

業界リーダーの転職エージェントということもあり、多くの企業との強い繋がりを持っていますし、NO.1の求人数を保有してるエージェントです。

**こんな人におすすめ**
・ベイカレント・コンサルティングの求人がみたい
・ベイカレント・コンサルティング以外にも自分に合った求人を提案されたい
・面接対策などのサポートが必要

 

ベイカレント・コンサルティングへの転職に興味のある方は、是非参考にしてみてください。

関連記事

RELATED ARTICLES

×