2020.03.24

リクルート

リクルート住まいカンパニーの採用面接・選考内容とは?内定につながるポイントを解説

SUUMOで知られる住宅領域サービスを提供するリクルート住まいカンパニーは好業績を続けており、中途採用を積極的に行っています。部署によっては社員の半数以上が転職者で占められており、キャリアアップのための退職を支援する制度を有するなど社内の人材は流動的です。本稿では、リクルート住まいカンパニーの面接・選考事情や求める人材について迫ります。

リクルート住まいカンパニーへの転職ならおすすめ

1位:ビズリーチ
年収アップ実績豊富/リクルート住まいカンパニーへの転職実績のあるヘッドハンターを探せる

リクルート住まいカンパニーの採用面接・選考における基本情報

リクルート住まいカンパニーでは、「ネットビジネス」「ソリューション営業」「編集」などといった部署ごとに中途採用を進めています。同じ部署の中でも職種によって、適性検査「SPI」の実施時期や面接回数など選考フローが違うので、注意が必要です。SPIに類似したWEBテストを実施するケースや、主にシステム系のエンジニア職ではプログラミングスキルを測るコーディングテスト及び面接が行われます。

面接は、担当部署のマネージャー(課長級)や役員クラスが担当するケースが多い傾向にあります。1回1時間程度とされ、面接までの選考状況などによって回数は2~3回と幅があります。

リクルート住まいカンパニーの面接のポイント

リクルート住まいカンパニーの中途採用面接でのよくある質問事例は以下の通りです。

<リクルート住まいカンパニー内定者に聞いた、面接時の質問項目>
・最初に自己紹介と簡単にこれまでやってきたことをお願いします
・転職活動はいつからしていますか
・なぜ転職をしようと思ったのですか
・上記回答より、なぜそのように思うようになったのですか
・これまでのキャリアで身についたものは何ですか
・仕事内容、成果などの深堀
・リクルート住まいカンパニーで活かせそうな業務経験はありますか
・何か質問はありますか

リクルート住まいカンパニーへの転職ならおすすめ

2位:リクルートエージェント
求人数業界No.1/面接対策などのサポート充実

リクルート住まいカンパニーの中途採用の選考フロー

リクルート住まいカンパニーの選考フローは、部署や職種によって若干の違いがあります。以下に例を挙げます。

職種 選考フロー
ソリューション営業 エントリー
書類選考
面接(2~3回)・SPI試験
内定
編集 エントリー
書類選考
1次面接(編集経験者は作品持参)
SPI試験
2次面接(※企画の持ち込み)
最終面接
内定
※SUUMOの情報誌の中から好きな1冊を選び、その巻頭特集を3案以上提示
サービス開発ディレクター(ネットビジネス統括本部) エントリー
書類選考
WEBテスト
面接(2~3回)
内定
データサイエンティスト データ分析コンサル(ネットビジネス統括本部) エントリー
書類選考
面接(2~3回)・SPI試験
内定
データエンジニア(ネットビジネス統括本部) エントリー
書類選考
SPI試験
面接(2~3回)
※コーディング面接含む→内定
機械学習エンジニア(ネットビジネス統括本部) エントリー
書類選考
SPI試験・コーディングテスト
面接(2~3回)
※コーディング面接を行う例もある→内定

このように、部署や職種によって選考フローや内容に違いがあるので注意が必要です。応募から内定まではおおむね1カ月程度かかり、最終面接から数日以内に合否が伝えられます。

リクルート住まいカンパニーの中途採用の条件は?

リクルート住まいカンパニーでは、中途採用にあたって職種ごとに一定の条件を付しています。一例を挙げます。

職種 採用条件
ソリューション営業 1.営業経験
2.戦略コンサルティング
3.事業会社の経営企画、営業企画、マーケティング
4.コーポレートスタッフ
5.その他1~4に準ずる企画職、のいずれかの実務経験
ネット事業戦略担当(ネットビジネス統括本部) WEBサービスの企画立案からサービスのリリースまでのマネジメント経験が3年以上でかつ
1.事業戦略立案やKPI設定・モニタリングの経験がある
2.WEBマーケティング及び開発の理解や経験がある
3.ユーザー視点に立ち、調整やコミュニケーションを推進してきた経験がある
データサイエンティスト データ分析コンサル(ネットビジネス統括本部) 1.線形代数、微分積分、確率統計の基礎的知識
2.機械学習や数理最適化などの分析の基礎的知識
3.Python、RまたはSQLを使用した分析経験(2~3年程度)

このほか、職種ごとに「あると望ましいスキル」が公式ホームページ上でも紹介されています。実務経験を求める項目が多く事実上、前職での仕事の経験や実績が問われています。書類選考ではこうした点がチェックされるので、自身の経験や職務実績が採用条件に適合しているかも確認が必要です。
 

↓↓リクルート住まいカンパニーへの転職ならおすすめ↓↓
1位 ビズリーチ
https://www.bizreach.jp/
リクルート住まいカンパニー他、非公開優良案件!

 

リクルート住まいカンパニーが求める人材

リクルート住まいカンパニーの社員として求められる人物像に共通して言えるのは「積極性」「主体性」です。中途採用数が多いソリューション営業の転職者への取材を基に、選考内容から考察します。

ソリューション営業は、東京、大阪、名古屋、福岡でそれぞれ中途採用を実施しています。エントリー・書類選考後、面接が続きます。1次面接ではその後配属となる部署のマネージャー(課長級)が約1時間、転職希望者の前職での仕事ぶりを中心に質問されます。自身の考えや価値観を正確に首尾一貫話せるかどうかがポイントになります。「自分自身を成長させたい」と回答したとしても「なぜ」と質問を投げかけられるといいます。それは入社後にも共通していて、担当企業への提案を上司に説明しても「なぜ」と問われ、理路整然と説明しなければならない局面が多いとのことです。そのための前提として、自分の考えを持って動くことができない「受け身」の姿勢は嫌われ、当事者意識を持って主体的に動くことを求められます。

面接では「なぜ営業をやろうと思ったか」「主体性を持ってやった仕事とその成果は」といったことが問われ、追加質問が続きます。自己分析をしっかりして、自身の将来や前職の実績から会社にどう貢献できるかを十分に説明することが通過のポイントとなります。

その後の2次面接では、配属予定先の役員が担当します。取材対象者の選考時は同じ日に役員1人ずつと1日2回最終面接を実施していましたが、近年は1回で判断することが多いようです。役員面接でも「好きな言葉は」といった個人の価値観を問う質問が多く、前職での取り組みなどについて説明を求められます。

 

↓↓リクルート住まいカンパニーへの転職ならおすすめ↓↓

 

リクルート住まいカンパニーに内定するには自己分析が必要不可欠

リクルート住まいカンパニーは、業界のトップランナーとしてSUUMOを軸にサービス改善、新規事業の開拓を進めています。自らが考え積極的に動くことが大前提で、結果だけではなく、同時にそのプロセスも評価されます。仕事に対する高い意識と行動力、それに伴う結果が求められ、それらを達成できる人物が採用されているのが現状です。リクルート住まいカンパニーの内定への近道は、徹底した自己分析と前職の経験を踏まえた仕事への向き合い方、価値観を伝える力と言えるのではないでしょうか。

 

リクルート住まいカンパニーへ転職するには

リクルート住まいカンパニーの採用面接・選考内容について理解は深まりましたか?

リクルート住まいカンパニーへ転職するには、ビズリーチあるいはリクルートエージェントに登録することをお勧めします。


1位 ビズリーチおすすめ度★★★★★

ビズリーチ公式サイト>>>https://www.bizreach.jp/

おすすめの第1位はビズリーチへの登録です。

**おすすめポイント**
・リクルート住まいカンパニーへの転職実績のあるヘッドハンターを探せる
・登録しておくだけで情報収集ができる
・年収アップ事例がとにかく豊富である

 

**転職実績**
Aさん 教育情報企業
→ リクルート住まいカンパニー 経営企画室
年収800万円
Bさん 設備メーカー
→ リクルート住まいカンパニー 営業
年収700万円
Cさん 外資系コンサルティング企業
→ リクルート住まいカンパニー 営業
年収750万円
Dさん 大手IT企業
→ リクルート住まいカンパニー ネットビジネス統括部
年収1000万円

 


 

2位 リクルートエージェントおすすめ度★★★★


リクルートエージェント公式サイト>>>https://www.r-agent.com/

おすすめの第2位はリクルートエージェントです。

**おすすめポイント**
・リクルート住まいカンパニーの求人がみたい
・リクルート住まいカンパニー以外にも自分に合った求人を提案されたい
・面接対策などのサポートが必要

 

関連記事

RELATED ARTICLES

2020.03.24

リクルート

リクルートグループの中でも好業績が続くリクルート住まいカンパニー。中途採用の比率は日本企業の中でも高く、給与は高水準とされます。本稿では中途採用数の多いソリューション営業を中心におよその年収や給与体系を解説します。 リク […]

2020.03.31

リクルート

サラリーマンの過労死が一部企業で相次ぎ発覚し、企業各社の働き方改革に注目が集まっています。リクルート住まいカンパニーでも業務の見直しが進んでおり、一定の効果を上げつつあるといいます。今回はリクルート住まいカンパニーの転職 […]

2020.03.24

リクルート

リクルート住まいカンパニーの社風は、個を尊重しつつも上司や同僚との関係も風通しが良く、自由で働きやすいと言われています。一方で、主体的に業務に取り組み一定の結果を出さないと、出世や給与面で明確に差がつく実力主義の面もあり […]

2020.03.24

リクルート

SUUMO(スーモ)を主軸に住宅領域に関わる商品、サービスの提供をするリクルート住まいカンパニー。ハウスメーカーや工務店など不動産事業者から、戸建てやマンションを探す個人まで、幅広い顧客と接し、営業面での課題解決やベスト […]

2020.03.02

リクルート

就活サイトの【リクナビ】や転職サイト【リクナビNEXT】といった就転職メディアを運営し、日本最大級の人材紹介事業をも展開するリクルートキャリア。転職先として希望する方の多い人気企業です。こちらの記事ではリクルートキャリア […]

×