2020.03.04

リクルート

リクルートテクノロジーズの事業内容やエンジニアの種類は?キャリアパスも解説

リクルートグループといえば、ホットペッパービューティーやじゃらん、ゼクシィ、リクナビNEXT、indeedなど数多くの有名サービスを展開しています。
また、その先進的な働き方は注目されることも多く、転職先としても人気です。

今回は、そんなリクルートグループのITやデータを扱うリクルートテクノロジーズの事業内容やエンジニアについてその仕事内容はもちろん、キャリアパスや評価制度について元社員が解説します。

 

リクルートテクノロジーズの事業内容

リクルートテクノロジーズの事業内容を一言で表すと、リクルートグループ全体のITやネットマーケティングを請け負い、グループ全体のビジネスを加速させることです

具体的なサービス内容は以下の通りです。

  • 新技術の開発や実装
  • リクルートグループのサービスから得たビッグデータを解析
  • 解析した内容を基に解決案を提案・実行
  • サービスを支える巨大インフラの構築や運用

リクルートテクノロジーズでは、大規模なプロジェクトの統括からデータ分析、システムの開発などを行っているため、そこで働く社員は幅広くITの仕事を経験することができます
2020年2月現在もエンジニアの募集をはじめ、Webディレクターやデータサイエンティスト、プロジェクトマネージャーなど、様々な職種の募集をしています。

 

リクルートテクノロジーズ選考通過率No.1 Aさん
株式会社——— 執行役員

リクルートテクノロジーズへ72名の内定を輩出
現場との豊富なリレーションによるリアルな情報を保有
リクルートテクノロジーズが求める人物像を熟知
面接で聞かれる45の質問を徹底指導

 

>>>リクルートテクノロジーズへの内定率他社の20倍!Aさんにキャリア相談をする

 

リクルートテクノロジーズのエンジニアの種類と仕事

リクルートテクノロジーズを支える主なエンジニアには4種類あります。
1つずつ仕事内容を見ていきましょう。

 

データエンジニア

リクルートグループのデータ分析業務を支えるビッグデータプラットフォームの企画・構築・運用、そしてマネジメントを行います。

具体的な業務内容としては、グループ全体から集まる膨大なデータの整備から、データマネジメントの仕組みの構築や運用、データ辞書の作成など多岐にわたります
データサイエンティストとの違いについて気になる方もいらっしゃるかもしれません。
リクルートテクノロジーズでは、以下のように役割が異なります。

  • データサイエンティスト…データの分析や分析結果を用いて企画を行う
  • データエンジニア…ビッグデータ関連の新規技術の開拓、ビッグデータに関連したシステムの構築を行う

 
また、データエンジニアはコーディングの実務経験が必要なのはもちろん、チームでの開発経験も問われます。
(基本的に3~10名程度のチームでプロジェクトが進められます)

リクルートグループは多くのネットサービスをもち、業界シェアもトップクラスです。
そのため、集まる情報量は膨大で、データからは効果状況はもちろんユーザーの動向を読み取ることもできます。
どこでユーザーがメリットやデメリットを感じているのかをカスタマージャーニーから導き出し、サービスを進化させる。これもリクルートテクノロジーズでデータを扱う社員のミッションの1つです

 

アプリケーションエンジニア

リクルートグループのアプリの開発、新機能の実装を手掛けるエンジニアです。
しかし役割は設計や実装だけに留まらず、最新技術を常に調査・検証して、新しいアプリの企画から運用まで携わることができます

エンジニアとしてのスキルアップが望めるのはもちろん「ビジネスをどう成功させるのか」という視点から開発に取り組むことが出来るのは、この職種ならではの大きな魅力です。
ただし、求められるレベルは高いと言えるでしょう

また、企画から携わるため、日頃からクライアントやカスタマーがどのような点に不満を感じ、どんな操作に不便を感じているのかを感じ取る分析力、そして解決案を実行していく実行力も求められます。

 

インフラエンジニア

リクルートグループの社員4万人強が利用する、日本有数規模の社内ITインフラの企画・構築・運用を行います
リクルートテクノロジーズでは現在VDI(仮想デスクトップ*)の基盤強化や基盤変改案件を積極的に推進しています。
社員が最高のパフォーマンスを出せるよう、次期VDIを検討するなど、インフラエンジニアの手掛ける仕事はかなり規模の大きなものとなっています。

リクルートほどの規模の企業VDIを導入し、成功している事例は少ないため、先進的な取り組みに携わることができます。

*仮想デスクトップ…コンピュータのデスクトップ環境を拡張したもの。広げることも、複数個に増やすこともできる。

 

セキュリティエンジニア

リクルートグループでは様々なサービスを展開していますが、そのすべてのサービスのセキュリティを担っています。
具体的には、セキュリティ対策製品の設計や構築、セキュリティ対策ソリューションなどの改善を行います
セキュリティ対策には不可欠なログ分析基盤の運用や、企画・構築・マネジメントが業務内容です
既存の社内サービスの安全性に問題はないか日々確認を行い、新規サービス立ち上げの際には、攻撃者の目線で脆弱性を発見し、同時にその解消方法も見つけるのです。

中途採用を募集する場合、セキュリティエンジニアとして既に経験を積んでいる人も、インフラやアプリの開発経験はあるものの、セキュリティエンジニアとして仕事したことが無いという人も対象としています

リクルートテクノロジーズのキャリアパスと環境

次にリクルートテクノロジーズのキャリアパスや職場環境、そして開発環境について解説します。

 

エンジニアのキャリアパス

リクルートテクノロジーズでは主に2種類のキャリアパスがあります。

  • 技術を極める「スペシャリスト
  • 技術を手段とする「ジェネラリスト

スペシャリストは文字通り、エンジニアとしてのスキルを高めてキャリアアップを図ります。
ジェネラリストはチームリーダーやマネージャーを経験し、エンジニアのマネジメント業務でキャリアアップをします。(もちろん、スキルも必要です)

半期に一度行われる上司との面談では、自身が描くキャリアパスや希望をしっかりと伝えることが大切です。
基本的には社員の希望を尊重してくれる会社ですので本人の適正と希望を踏まえ、適切なポジションを与えてくれます。

転職時にキャリアパスと同様気になるのが「年収」です。
IT業界の平均年収が400万円後半であるのに対して、リクルートテクノロジーズは30代前半で平均年収は600~700万と業界の水準よりも高いと言えます
給与体系はリクルートグループ共通のミッショングレード制を導入しており年齢や在籍期間に関わらず、携わる業務のレベルや役割で年収を決めていきます。

 

職場環境や開発環境

リクルートテクノロジーズの職場はまさに「エンジニアが働きやすい職場」です

 
働く時間と場所について
社内には大小様々な会議室があり、講演会やイベントにも使えるアカデミールームもあります。
またコアタイムなしのフレックス制度を取り入れておりリモートワークも可能です。
働く時間や場所は非常に融通が利きます
チームによってはリモートワークで働くことが当たり前となっているところもあります。

リモートワークが進むことで、社員が自らのライフスタイルに合わせた働き方が出来るようになったと好評です。
「今までは通勤時間として使っていた時間を家族と過ごせるようになった」「新しい知識をインプットする時間に使えるようになった」という声もあります。
開発環境が充実していることもリクルートテクノロジーズの魅力と言えるでしょう

 
開発環境や使用するプログラム言語
PCやタブレットは2~3年で最新モデルと入れ替えられるだけでなく、iMacやMac proなど、希望する種類のPCを会社にリクエストすることも可能です

使用するプログラム言語は、特定の言語のみを採用しているわけではなく、Java、Rubyなどその時々の状況に応じて使い分けています。
また、新たな言語を習得するための研修も充実しており、スキルアップに役立てることが出来ます。

他にも、SlackやGitHubなどのチャットツールを使ったコミュニケーションを許可されているため、社員が場所や時間を気にすることなく開発に専念することが出来るようになっています

 
スキルアップに適した環境と制度
その他にも、コーディングやスクラムマスター、プロジェクトマネジメントなど、組織ごとに専門性に特化した様々なテーマの研修が用意されています
また社内にとどまらず、社外から講師を招き入れて研修が行われるなど、スキルアップなどに関して手厚いサポートが受けられる環境が整っています

研修や勉強会は強制ではありません。そのため、参加する社員は非常に成長意欲が高く、常に新しい技術や業界の知識を取り入れたいという人には絶好の環境だと言えるでしょう
研修や勉強会などのイベントは情報交換の場としても活用されています。

 

リクルートテクノロジーズ選考通過率No.1 Aさん
株式会社——— 執行役員

リクルートテクノロジーズへ72名の内定を輩出
現場との豊富なリレーションによるリアルな情報を保有
リクルートテクノロジーズが求める人物像を熟知
面接で聞かれる45の質問を徹底指導

 

>>>リクルートテクノロジーズへの内定率他社の20倍!Aさんにキャリア相談をする

 

リクルートテクノロジーズで求められるエンジニア像

リクルートテクノロジーズで求められるエンジニア像は「現状に満足せず常に学び続け、自ら進化する人」です。
リクルートグループ全体のテクノロジーを扱う会社であるため、仕事の規模は非常に大きく、そのため常に自ら学んでいく姿勢がないと仕事に付いていけなくなってしまうことが考えられます

また、仕事内容によってはクライアントとのコミュニケーションに留まらず、リクルートグループの他社の社員との調整を必要とする場面もあります。
小規模サービスに関してはリクルートテクノロジーズが開発を担当しますが、大規模サービスはリクルートテクノロジーズがクライアントと開発会社をつなぐマネジメント的な役割を担います。

そのため、社員は開発スキルはもちろん、高いコミュニケーション能力やマネジメント能力も求められるが特徴です

 

リクルートテクノロジーズには、エンジニアとして幅広く活躍できる環境がある

リクルートテクノロジーズのエンジニアは大規模な開発に携われる一方で、求められるスキルは開発のみではありません。
チームのメンバーやクライアント、社外の人と接するコミュニケーション能力やチームをまとめるマネジメント能力も必要となります。

開発のスキルだけではなくマネジメントも学びたい、また新しく世を変えるサービスを生み出したいという情熱を持ったエンジニアにはリクルートテクノロジーズは魅力的な環境と言えるでしょう

この記事のまとめ

☑リクルートテクノロジーズでは幅広くITの仕事を経験することができる
☑エンジニアが働きやすい環境が整った職場といえる
☑クルートテクノロジーズで求められるエンジニア像は「現状に満足せず常に学び続け、自ら進化する人」

 

リクルートテクノロジーズへ転職するには

リクルートテクノロジーズのエンジニアの種類や仕事について理解は深まりましたか?
リクルートテクノロジーズへ転職したい方は、リクルートテクノロジーズへの転職実績がトップクラスのエージェントへの相談が転職成功への近道となるでしょう。

内定・転職実績トップクラスの転職エージェントに相談をしたい方は【エージェントファインダー】にご登録ください。

エージェントファインダーは、あなたが入社したい企業に強い “転職エージェント”を紹介してくれるサービスです。
情報を登録すると、志望企業に精通しているエージェントを提案してくれ、転職成功までのサポートが受けられます。
志望企業、あるいは志望業界が明確であれば、こちらのサービスはスムーズな転職への近道となるはずです。
サービスは無料で提供されていますので、一度登録をお勧めいたします。

 

関連記事

RELATED ARTICLES

2020.03.24

リクルート

SUUMO(スーモ)を主軸に住宅領域に関わる商品、サービスの提供をするリクルート住まいカンパニー。 ハウスメーカーや工務店など不動産事業者から、戸建てやマンションを探す個人まで、幅広い顧客と接し、営業面での課題解決やベス […]

2020.03.24

リクルート

リクルートグループの中でも好業績が続くリクルート住まいカンパニー。 中途採用の比率は日本企業の中でも高く、給与は高水準とされます。 本稿では中途採用数の多いソリューション営業を中心におよその年収や給与体系を解説します。 […]

2020.03.24

リクルート

リクルート住まいカンパニーの社風は、個を尊重しつつも上司や同僚との関係も風通しが良く、自由で働きやすいと言われています。一方で、主体的に業務に取り組み一定の結果を出さないと、出世や給与面で明確に差がつく実力主義の面もあり […]

2020.03.24

リクルート

SUUMOで知られる住宅領域サービスを提供するリクルート住まいカンパニーは好業績を続けており、中途採用を積極的に行っています。 部署によっては社員の半数以上が転職者で占められており、キャリアアップのための退職を支援する制 […]

2020.03.31

リクルート

サラリーマンの過労死が一部企業で相次ぎ発覚し、企業各社の働き方改革に注目が集まっています。 リクルート住まいカンパニーでも業務の見直しが進んでおり、一定の効果を上げつつあるといいます。 今回はリクルート住まいカンパニーの […]

×