2020.06.22

リクルート

リクルートコミュニケーションズのエンジニアの種類や仕事内容とは?職場環境や給料も含めて解説

リクルートコミュニケーションズは、リクルートグループ各社が提供するサービスのマーケティングから集客、制作、流通、宣伝、カスタマーサポートまでを担当しています。グループの各サービスに関わるため、業務範囲は非常に幅広く、多くのエンジニアが在籍しています。

そこで今回は元社員の筆者が、リクルートコミュニケーションズのエンジニアの種類や、仕事内容を解説します。

 

リクルートコミュニケーションズの事業内容

リクルートコミュニケーションズは、リクルートグループ全体に関る集客・マーケティング・制作・流通・宣伝・カスタマーサポートまでを提供しています。
リクルートグループのサービスは、人材・進学・住宅・ブライダル・旅行などの領域で分かれていますが、リクルートコミュニケーションズの社員は基本的に1つの領域に属し、サービスを改善していきます。

リクルートグループのサービスをカスタマー(ユーザー)の目線、そしてクライアント(主に広告主)の目線から改善することが求められています。

 

 

リクルートコミュニケーションズのエンジニアの種類と仕事

リクルートグループには、グループ全体のテクノロジー分野を統括する「リクルートテクノロジーズ」という会社があります。
リクルートテクノロジーズでは、グループ全体のシステムの構築や、次世代技術のR&D・新規ソリューションの開拓、グループのサービスで得たビッグデータの分析などでビジネスへの実装を行っています。

一方でリクルートコミュニケーションズのエンジニアは、最新テクノロジーを活かしたアドテクノロジーサービスの開発・改善と、リクルートグループが提供する「AirREGI」や「保険チャンネル」などの新たなWebサービスを開発・運営しています。

では実際に、リクルートコミュニケーションズに在籍しているエンジニアの種類と、それぞれの仕事内容をご紹介します。

ソフトウェアエンジニア

ソフトウェアエンジニアは、アドテクノロジーサービス、複数の言語を使ってリクルートのWebサービス、アプリの企画・開発・継続的な改善を担当しています。主にコンピュータサイエンスを活用し、高度なアルゴリズム、システムの開発をしています。
一エンジニアとしてコーディングをするだけでなく、企画を出す上流工程から関わることができます。

機械学習エンジニア

機械学習エンジニアは、機械学習言語として環境が充実しているPythonでの開発が主な業務となり、iPython、Scipyファミリーなどのライブラリを使って、分析や開発を行っていきます。
また、リクルートのカスタマーデータ、 DMPのデータを用いたシステムの開発やデータサイエンスを活用し、サービスやプロダクトの効果改善を行います。

スキルとしては、機械学習の知識は勿論、データマイニング、モデル構築のアルゴリズム、システム・アプリケーション研究開発経験などが求められます。

DevOpsエンジニア

DevOpsエンジニアは、他のエンジニアがより高いパフォーマンスで開発に集中できるよう環境整備を行います。具体的にはバージョン管理システム(Git)やデプロイ環境の構築を主な業務としており、ネットワークの構築と管理にAWS OpsWorksを導入し、Chef や Puppet を使って運用の自動化を進めています。
またサービスの安定的な運用を実現するためのシステム管理の業務もあり、システムやプログラムの幅広い知識が求められます。

プロダクトマネージャ

プロダクトマネージャは、AIや機械学習などのテクノロジーベースのプロダクト、サービスの企画、収益化の戦略立案をおこない、プロジェクトの管理、運営などをおこなっています。プロダクトマネージャの役割として大きいのは、チームのエンジニアのマネジメントです。案件の進捗管理はもちろん、サービスの成長にコミットする力が求められます。

 

リクルートコミュニケーションズの職場環境とキャリアパス

次にリクルートコミュニケーションズで働くエンジニアの給料や、社風も含めた「働く環境」「キャリアパス」について解説します。

 

 給料

年収は年齢や経験を考慮したうえで決定されます。
リクルートコミュニケーションズのHPによると、中途採用では月給32万~50万(一律手当含む)ほどで、年収例は24歳で560万円(一律手当+年2回のボーナス含む)、32歳で年855万円(一律手当+年2回の賞与含む)となっています。
32歳のソフトウェア系エンジニアの平均年収は498万円なので比較的高い年収といえるでしょう。

 社風

リクルートコミュニケーションズの社風は一言で表すなら「自由」だと言えるでしょう。
筆者は2019年まで在籍していましたが、働く場所や時間、そして人間関係においても「自由」と感じることが多々ありました。

例えば、傍から見ていて「この人はいつ仕事をしているのだろう」と感じるほど、楽しんで仕事をしているエンジニアがいれば、いつ見ても会社にいる営業あがりのエンジニアなど、様々なタイプの社員がいました。
彼らから日々、刺激を受けて「皆、自分らしさを自由に発揮している」と感じていました。また、年次や年齢に関係なく、誰でも自由に意見や提案をできる風土がありました。

働く環境

リクルートコミュニケーションズでは、リモートワークやフレックスタイム制度が定着しています。抱えている案件によりますが、週に1度リモートワークをしている人や、11時頃に出社する人も珍しくありません。特にエンジニアの場合、チームでの会議がない日はリモートワークをしている人が多くいました。

しっかりとセルフマネジメントができる人には、魅力的な環境と言えるのではないでしょうか。

 

 エンジニアのキャリアパス

リクルートコミュニケーションズのエンジニアのキャリアパスは、主に「スペシャリスト」と「ジェネラリスト」の2つです。

「スペシャリスト」は文字通り、エンジニアとしての業務を中心にキャリアを積みます。
一方の「ジェネラリスト」は、マネジメント業務が中心になります。
リクルートコミュニケーションズに関わらず、リクルートグループの傾向として、若手にはどんどんマネジメント業務を任せる風土があります。エンジニアも例外ではなく、マネジメント業務をしたうえで、自身のキャリアパスをどうするのかを決定できるのです。

 エンジニアのワークライフバランスをサポートする制度

RCOではエンジニアのワークライフバランスを大切にしています。2016年に、「男性の育児休暇を義務化する」と発表し話題となりました。子どもを持つ社員への理解は深く、案件の進捗具合によっては翌日の有給休暇の申請が認められることもあります。
もちろん社員同士のコミュニケーションさえ取れていれば、自分の仕事を一時的に周りの社員にサポートしてもうことも可能です。しかし、働き方が柔軟である分、セルフマネジメントや案件のマネジメントを自らでしっかりと行う必要があります。

 自己研鑽のためのサポート環境

自己研鑽のためのサポート環境も充実しています。リクルートコミュニケーションズでは、競技プログラミングの世界上位ランカーや、データ分析世界大会の優勝者なども輩出しています。仕事を通して得た知見や技術を発表し合う勉強会を社内・社外問わず開催していおり、個々のスキルアップはもちろん、チームとしてプログラミングスキルを磨く環境が整っています。
また、書籍の購入費や勉強会参加費の補助、開発合宿の開催(1泊2日で、自ら企画した案をプレゼン)などがあります。ちなみに、合宿費用は会社負担での参加が可能です。
書籍や勉強会についても日頃の業務と一致するものでなくても、技術やビジネスに関連するものであれば制限なく支援されます。

開発環境

開発環境も充実しています。
PCやディスプレイなど普段使うデバイスも、基本的には入社時にリクエストしたものが支給されます。また、支給されたデバイスも2~3年ごとに最新のものに入れ替えられます。
さらに会社用携帯としてiPhoneも支給され、社内では常にiPadやiPhone、Androidなどの複数の端末が検証用デバイスとして利用可能です。
その他、デプロイ環境やインフラ環境もプロダクトや案件に応じて導入・選択されていて、何不自由ない環境と言っても過言ではありません。

 

 

リクルートコミュニケーションズで求められるエンジニア像

リクルートコミュニケーションズのエンジニアに求められることは「当事者意識の高さ」と言えるでしょう。
リクルートコミュニケーションズではエンジニアを含め、リクルートグループのサービスの改善を行っています。改善はカスタマー視点でも、クライアント視点でも行われており、常にどうしたら「不」を解消できるのかを考えて行動しています。

エンジニアだから言われた通りにコードを書くのではなく、エンジニアとしてどうしたら「不」を解消できるのか。常に当事者の視点をもつ人材が求められるのです。

 

自ら考え、行動できるエンジニアに

リクルートコミュニケーションズは、時間や場所にとらわれず、フラットな人間関係で働きやすい環境です。しかし求められるレベルは非常に高いと言えます。
常に当事者意識をもって「どうしたらプロダクトをより良いものにできるのか。カスタマーやクライアントの不を解決できるか」を考え続ける姿勢が問われます。
エンジニアとして自身の力を試したい、世の中に貢献したいという熱い思いを持っている人は是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

リクルートコミュニケーションズへ転職するには

リクルートコミュニケーションズのエンジニアについて理解は深まりましたか?

志望企業へ転職するには、自分にあった転職サイトや転職エージェントに出会うことがなにより重要です。

転職成功者が転職活動を始めてから入社までに応募した企業の数は、平均して27社(ルーセントドアーズ株式会社調べ)、
情報収集には転職サイトを3つ、転職エージェントを3社利用しています。
また、選考に進むと、7社に書類通過し、一次面接通過が3社、1.5社に内定し、その後入社を決めています。

このようなデータから、複数の転職サイト、転職エージェントを利用することは現在の転職活動においてマストであることが言えるでしょう。
転職picksでは、おすすめの転職サイトと転職エージェントをご紹介します。

 

《オススメの転職サイト》

 


ビズリーチおすすめ度★★★★★

ビズリーチ公式サイト:https://www.bizreach.jp/

志望企業や業界が絞られている場合、ビズリーチへの登録は非常におすすめです。
ハイクラス求人の取り扱いが中心ですが、若手向けの求人も掲載されており、20代も非常に多くの方が利用している転職サイトです。
ビズリーチに登録することのメリットは、ハイクラスの求人・希少求人を扱うヘッドハンターに出会えることです。また、実績やヘッドハンタースコアを確認できるので、比較検討することが可能です。サポートを頼むヘッドハンターを選べるので、自分にあったサポートを受けることができるでしょう。

**こんな人におすすめ**
・ハイクラス(年収600万~1500万円)の求人・希少な求人を探している
・年収をあげたい
・自分にあったヘッドハンターを選びたい

 


キャリトレおすすめ度★★★★★

キャリトレ公式サイト:https://www.careertrek.com/

まずどんな求人かあるのかを見たい20代の方にオススメなのがキャリトレです。
登録時にややこしいステップを踏んだり、詳細を細かく記入する必要が無く、非常に簡単です。また、求人登録数が多いため、情報をたくさん得ることが可能です。使い方もシンプルなので、まずは気軽に使えることが大きなメリットと言えるでしょう。

**こんな人におすすめ**
・20代
・気軽に転職活動をスタートしたい
・現職が忙しく、時間をかけたくない

 


リクナビNEXTおすすめ度★★★★☆

リクナビNEXT公式サイト:https://next.rikunabi.com/

リクナビNEXTは、最大手の転職サイトとあって、求人数が非常に多く、転職サイトを利用する目的を一番果たしてくれるサイトです。サイト内には、他のリクルートのメディアと同様に様々な検索軸があり、転職先を固められていない求職者の方には抽象的なワードで求人情報を探すことができるので、便利なサービスと言えます。

**こんな人におすすめ**
・初めて転職活動を行う
・志望企業や業界が固まっていない
・多くの求人情報が見たい

 

 


 

《オススメの転職エージェント》


リクルートエージェントおすすめ度★★★★★


リクルートエージェント公式サイト:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、業界リーダーの転職エージェントということもあり、多くの企業との強い繋がりを持っています。
自分に合った求人を網羅したい、幅広い求人を提案してほしいというニーズの方は登録するのをおすすめします。
また、企業側への高い営業力があるので、非公開での希少求人がある可能性も高いでしょう。面接対策を行っており、安心して面接に臨めることも特徴です。

**こんな人におすすめ**
・幅広い求人が見たい
・他社にはない希少求人を探している
・面接対策などのサポートが必要

 

 


dodaおすすめ度★★★★★


doda公式サイト:https://doda.jp/

dodaも業界最大手の転職エージェントです。求人をたくさん提案してくれると評判ですので、幅広い選択肢を持ちたいという方、転職をはじめたばかりの方は、登録すると自分を取り巻く転職市場がよく見渡せると思います。
また、転職者満足度NO.1を獲得しており、求人やキャリアアドバイザーの質が高いと評判です。

**こんな人におすすめ**
・転職活動を始めたばかりだ
・質の高いたくさんの求人が見たい
・キャリアアドバイザーに細やかにしっかりとサポートしてほしい

 

 


パソナキャリアおすすめ度★★★★☆


パソナキャリア公式サイト:https://www.pasonacareer.jp/

サポートの幅がひろいのがパソナキャリアの特徴です。転職エージェントにいくのが不安、、、という方も、幅広い層を丁寧にサポートしているパソナキャリアであれば安心して進めていけると思います。また、転職時に年収がアップした実績を豊富にもっているのもパソナキャリアの強みといえるでしょう。

**こんな人におすすめ**
・様々な業種や職種の求人が見たい
・キャリアアドバイザーに丁寧な対応を期待したい
・年収をアップさせたい

 

関連記事

RELATED ARTICLES

2020.03.24

リクルート

SUUMO(スーモ)を主軸に住宅領域に関わる商品、サービスの提供をするリクルート住まいカンパニー。 ハウスメーカーや工務店など不動産事業者から、戸建てやマンションを探す個人まで、幅広い顧客と接し、営業面での課題解決やベス […]

2020.03.24

リクルート

リクルートグループの中でも好業績が続くリクルート住まいカンパニー。 中途採用の比率は日本企業の中でも高く、給与は高水準とされます。 本稿では中途採用数の多いソリューション営業を中心におよその年収や給与体系を解説します。 […]

2020.03.24

リクルート

リクルート住まいカンパニーの社風は、個を尊重しつつも上司や同僚との関係も風通しが良く、自由で働きやすいと言われています。一方で、主体的に業務に取り組み一定の結果を出さないと、出世や給与面で明確に差がつく実力主義の面もあり […]

2020.03.24

リクルート

SUUMOで知られる住宅領域サービスを提供するリクルート住まいカンパニーは好業績を続けており、中途採用を積極的に行っています。 部署によっては社員の半数以上が転職者で占められており、キャリアアップのための退職を支援する制 […]

2020.03.31

リクルート

サラリーマンの過労死が一部企業で相次ぎ発覚し、企業各社の働き方改革に注目が集まっています。 リクルート住まいカンパニーでも業務の見直しが進んでおり、一定の効果を上げつつあるといいます。 今回はリクルート住まいカンパニーの […]

×