2020.01.20

リクルート

リクルートコミュニケーションズの職種やその仕事内容とは?体験談を基に解説!

人生に密接に関わるサービスを提供するリクルートグループの1社であるリクルートコミュニケーションズ。
同グループが提供する、就職・住宅・結婚などのライフイベントから、旅行・美容・グルメなどのライフスタイルに関わるサービス全てに対して「クライアント」と「カスタマー」のベストマッチングやサービス強化をミッションとし、様々な取組みを進めている組織です。

今回は転職Picks編集部がリクルートコミュニケーションズでの勤務経験をお持ちの方にインタビューし、その内容をもとに具体的な職種や仕事内容を解説します。

 

グループを支える、リクルートコミュニケーションズの仕事とは

主な事業内容は、リクルートグループが提供するサービスにおける、メディア制作や広告プロモーション、業務プランニングやWEBプロモーションです。
分かり易くお伝えするならば、「広告代理店×コンサル×WEB制作」が凝縮された組織だと考えています。グループの提供する個別のサービスノウハウを垣根なく吸収し、新たなサービスや仕組みへと昇華できる点こそ、リクルートコミュニケーションズの強みです。
リクルートグループサービスの今後を担う組織でもあり、ICTの活用や他企業との技術開発も積極的に取組んでいます。リクルート独自の、明確で細かいターゲットへの訴求を行い、クリエイティブやテクノロジーを活用しながら、適切で精度の高いマッチングを実現するために事業を進めています。

 

 

「人を動かすコミュニケーション設計」を実現する様々な職種

リクルートグループ全体に対し、幅広い役割を担うリクルートコミュニケーションズ。
それぞれの分野や業務内容に特化した、多様な職種で組織構成されています。基本的に個人に任せられるのは1つのサービスからです。主体性を発揮しながら、効果にコミットした業務を進め、経験を積んでいきます。

今回ご紹介する職種は同社の中核を担う

・事業戦略
・PRプランナー
・企画統括
・プロダクトマネージャー
・ディレクター

の5職種。

大まかな役割の一例としては、企画統括が該当グループの事業目標を達成するための戦略を、事業戦略と連携し策定していきます。クライアントと関わる活動においてディレクターが介在し、企業や地域課題の解決に向けた企画や提案を打ち出します。その企画実行や商品のブランド価値を、陰から支えるのがPRディレクターの宣伝力です。
そして現場から吸い上げられた課題を抽出し、今後のグループサービスや技術の開発を担うのがプロジェクトマネージャー。多くの職種が密接にかかわり、グループ事業を支える役割となっているのです。

それでは、実際の各職種の業務内容を解説していきます。

 

事業戦略

様々な役割のあるリクルートコミュニケーションズにおいて、業務設計の役割を担う職種が事業戦略です。担当する領域によって業務も変わりますが、各事業の中枢となる集客戦略から営業戦略までに関わる職種です。
リクルートグループの多くで利用されるWEB集客に関しても、深く関わることができるポジションです。膨大なメディアデータだけでなく、カスタマーへ実際のアプローチも行い、より本質といえる動向や思考を予測し、効果的な手法を企画していきます。

多くのメディアの特性やカスタマーの動向を、できるだけ偏りなく論理的な視点から分析できる能力が基礎となります。また、それぞれの事業の組織長との調整業務も発生するため、納得感を得られる合意を生む折衝能力も必要となるポジションです。

それぞれのリクルート事業内の営業手法の開発から、効率的な営業を実現する企画も行い、その活用状況の効果検証や分析を行う場合もあります。営業や集客効果が実績となって明確になる役割ですので、組織に影響する喜びを感じられる職種といえるでしょう。

 

PRプランナー

宣伝の役割のなかで、戦略的PRを主に担当するのがPRプランナーという職種です。リクルートグループのメディアやサービスについて、短期~長期までのプロモーション戦略を立て、PR活動の企画・実行を行います。
担当するメディアやサービスの特性を理解することはもちろん、効果的にプロモーションできるよう、訴求したいターゲットに適切な手法でアプローチすることが求められます。

社会情勢やトレンドを把握し、PR手法の知識も必要となるため、PRやメディア経験があれば有利な職種。社会的にも影響があるリクルートメディアのPRの一端を担えるため、やりがいや成長スピードは必然的に高いものになる役割です。

 

企画統括

企画統括の職種は、リクルートグループの総務カテゴリに属します。該当事業に割り当てられる事業目標を達成するための戦略立案から、担当グループに対する効率的な業務フローの提案や改善などを行います。
予算策定から戦略や業務フローまでに関わるため、今後事業マネジメントを担う候補社員が担当することが多い職種です。俯瞰して計画する視点と、組織に企画を理解させ完遂する、企画実行力を自然と養っていくことができます。

また、リクルートらしいイベント性のある社内表彰の企画も業務の一つ。多くの組織責任者との連携も必要となるため、調整能力を発揮しながら、社内に影響していくことができるポジションです。

 

プロダクトマネージャー

プロダクトマネージャーは、グループの未来を担うカテゴリの職種といえます。各事業のミッションでもある社会的な課題はもちろん、これからの課題についても予測し、テクノロジーを活用したプロダクト開発に携わります。

デジタルマーケティングやテクノロジーの知見は必要ですが、他社や各事業と協業する場面もあるため、調整・コミュニケーション能力も必要となります。グループサービスや組織の未来を見通し、価値を最大化することがミッションとなる職種です。

 

ディレクター

ディレクター職は、事業ごとの課題やクライアントの課題、社会的な課題にまで向き合い、打ち手となる企画を実行するポジションです。
メディアや各サービスから見えてきた、利用者の負を解消する新サービスの企画やプロモーションだけでなく、自治体や行政と連携した社会課題を解決するプロジェクトもあります。
広告などの制作物からソリューション提案に至るまで、幅広い業務に携わることができるクリエイティブな職種です。

 

 

実際に入社してみて感じた、仕事内容のギャップ

リクルートは独立性と自由度が高い企業です。リクルートコミュニケーションズも同様で、個人の「やりたい!」という意欲を尊重する風土はしっかりと根付いています。グループ全体のサービスに関わる役割であるため、新しいことに挑戦することに対し抵抗が少ないのも特徴です。
採用や人材に関しても柔軟な取組みをおこなっており、社員からの紹介で面接や見学のエントリーが可能な「Join us」という制度もあります。柔軟な採用の影響で、人材は年齢も経験もバラエティーに富んでおり、得意を活かしてフラットに働くことが可能です。
また、時短勤務や在宅勤務も浸透し、ダイバーシティーもかなり進んでいます。リモートワークやフレックス勤務もあり、働き方の自由度も認められています。

ギャップとしては、以前私が在籍していた部署は、同社他グループ勤務を経て入社したメンバーが多く、社内的な繋がりやしがらみによってアイデアが実行しづらい場面もありました。
しかし、全体としては平均年齢も30代中盤ということもあり、お互い尊重しながらも、言い合う点ははっきり伝えあいながら、チャレンジしていける組織だといえます。

 

リクルートコミュニケーションズならではの、仕事の進め方の特徴

リクルートグループ共通の「クライアント」「カスタマー」に寄り添い、関わる人の立場に立って思考する”当事者意識”を携えて仕事を進めることは求められます。
業務スピードは役割にもよりますが、一般企業よりスピードは必要です。業績やミッションは半期ごとに設定され、もちろん給与にも直結します。PDCAをテンポよく回しながら、実績を積んでいくことが重要でしょう。

リクルートグループ自体が、良くも悪くも人のパワーが強い特徴があります。偏った意見もありますので、違いや個性を認め合うことも必要です。その分、新たなサービスを生み出す能力や、やりきる意志は着実に身につけていくことができます。

また、経験を積むことで大きなマーケットへのアプローチもできます。特に、素晴らしい取り組みや実績はフラットに認め合う習慣があります。積極的にチャレンジし、自分が求めるだけ成長することができる環境が整っている組織だと言えます。

 

リクルートグループのノウハウを垣根なく吸収し、次のサービスに生かしていける組織だった!

リクルートが創出するクライアントとカスタマーの「出会い」を支える、リクルートコミュニケーションズ。テクノロジーや社会情勢の変化に伴って、チャレンジ精神と未来を創る意欲ある人材が求められています。
多様な価値観を受け入れ、必要な考えを採り入れながら、新たなプロダクトやソリューションに活かせる方ならにはぴったりの会社です。存分に成長し、活躍できる組織といえるでしょう。

 

リクルートコミュニケーションズへ転職するには

リクルートコミュニケーションズの仕事内容について理解は深まりましたか?

志望企業へ転職するには、自分にあった転職サイトや転職エージェントに出会うことがなにより重要です。

転職成功者が転職活動を始めてから入社までに応募した企業の数は、平均して27社(ルーセントドアーズ株式会社調べ)、
情報収集には転職サイトを3つ、転職エージェントを3社利用しています。
また、選考に進むと、7社に書類通過し、一次面接通過が3社、1.5社に内定し、その後入社を決めています。

このようなデータから、複数の転職サイト、転職エージェントを利用することは現在の転職活動においてマストであることが言えるでしょう。
転職picksでは、おすすめの転職サイトと転職エージェントをご紹介します。

 

《オススメの転職サイト》

 


ビズリーチおすすめ度★★★★★

ビズリーチ公式サイト:https://www.bizreach.jp/

志望企業や業界が絞られている場合、ビズリーチへの登録は非常におすすめです。
ハイクラス求人の取り扱いが中心ですが、若手向けの求人も掲載されており、20代も非常に多くの方が利用している転職サイトです。
ビズリーチに登録することのメリットは、ハイクラスの求人・希少求人を扱うヘッドハンターに出会えることです。また、実績やヘッドハンタースコアを確認できるので、比較検討することが可能です。サポートを頼むヘッドハンターを選べるので、自分にあったサポートを受けることができるでしょう。

**こんな人におすすめ**
・ハイクラス(年収600万~1500万円)の求人・希少な求人を探している
・年収をあげたい
・自分にあったヘッドハンターを選びたい

 


キャリトレおすすめ度★★★★★

キャリトレ公式サイト:https://www.careertrek.com/

まずどんな求人かあるのかを見たい20代の方にオススメなのがキャリトレです。
登録時にややこしいステップを踏んだり、詳細を細かく記入する必要が無く、非常に簡単です。また、求人登録数が多いため、情報をたくさん得ることが可能です。使い方もシンプルなので、まずは気軽に使えることが大きなメリットと言えるでしょう。

**こんな人におすすめ**
・20代
・気軽に転職活動をスタートしたい
・現職が忙しく、時間をかけたくない

 


リクナビNEXTおすすめ度★★★★☆

リクナビNEXT公式サイト:https://next.rikunabi.com/

リクナビNEXTは、最大手の転職サイトとあって、求人数が非常に多く、転職サイトを利用する目的を一番果たしてくれるサイトです。サイト内には、他のリクルートのメディアと同様に様々な検索軸があり、転職先を固められていない求職者の方には抽象的なワードで求人情報を探すことができるので、便利なサービスと言えます。

**こんな人におすすめ**
・初めて転職活動を行う
・志望企業や業界が固まっていない
・多くの求人情報が見たい

 

 


 

《オススメの転職エージェント》


リクルートエージェントおすすめ度★★★★★


リクルートエージェント公式サイト:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、業界リーダーの転職エージェントということもあり、多くの企業との強い繋がりを持っています。
自分に合った求人を網羅したい、幅広い求人を提案してほしいというニーズの方は登録するのをおすすめします。
また、企業側への高い営業力があるので、非公開での希少求人がある可能性も高いでしょう。面接対策を行っており、安心して面接に臨めることも特徴です。

**こんな人におすすめ**
・幅広い求人が見たい
・他社にはない希少求人を探している
・面接対策などのサポートが必要

 

 


dodaおすすめ度★★★★★


doda公式サイト:https://doda.jp/

dodaも業界最大手の転職エージェントです。求人をたくさん提案してくれると評判ですので、幅広い選択肢を持ちたいという方、転職をはじめたばかりの方は、登録すると自分を取り巻く転職市場がよく見渡せると思います。
また、転職者満足度NO.1を獲得しており、求人やキャリアアドバイザーの質が高いと評判です。

**こんな人におすすめ**
・転職活動を始めたばかりだ
・質の高いたくさんの求人が見たい
・キャリアアドバイザーに細やかにしっかりとサポートしてほしい

 

 


パソナキャリアおすすめ度★★★★☆


パソナキャリア公式サイト:https://www.pasonacareer.jp/

サポートの幅がひろいのがパソナキャリアの特徴です。転職エージェントにいくのが不安、、、という方も、幅広い層を丁寧にサポートしているパソナキャリアであれば安心して進めていけると思います。また、転職時に年収がアップした実績を豊富にもっているのもパソナキャリアの強みといえるでしょう。

**こんな人におすすめ**
・様々な業種や職種の求人が見たい
・キャリアアドバイザーに丁寧な対応を期待したい
・年収をアップさせたい

 

関連記事

RELATED ARTICLES

2020.03.31

リクルート

サラリーマンの過労死が一部企業で相次ぎ発覚し、企業各社の働き方改革に注目が集まっています。 リクルート住まいカンパニーでも業務の見直しが進んでおり、一定の効果を上げつつあるといいます。 今回はリクルート住まいカンパニーの […]

2020.05.15

リクルート

人気企業のリアルな情報をお届けするため、転職picks編集部が現役社員を直撃。 今回はハードウエアのエンジニアからリクルートテクノロジーズに転職された異色の経歴を持ち、副業でも成果を上げている現役社員にインタビューを行い […]

2020.02.21

リクルート

自由な働き方で先進的な事業を展開するリクルートグループ。 そんなリクルートグループを支え、次世代技術の研究や新ソリューションの実装などに取り組んでいるプロフェッショナル集団が、リクルートテクノロジーズです。 新しい技術を […]

2020.03.24

リクルート

リクルート住まいカンパニーの社風は、個を尊重しつつも上司や同僚との関係も風通しが良く、自由で働きやすいと言われています。一方で、主体的に業務に取り組み一定の結果を出さないと、出世や給与面で明確に差がつく実力主義の面もあり […]

2020.05.03

リクルート

    SUUMOで知られる不動産情報サイトを運営するリクルート住まいカンパニー。 そのスタートは1976年に創刊した情報誌「住宅情報」にまで遡ります。当時はリクルートの中の一事業部でしたが、2012 […]

×