2020.02.23

リクルート

リクルートコミュニケーションズの年収やボーナスはどれくらい?リクルートグループならではの評価制度も解説

リクルートコミュニケーションズはリクルートホールディングスの子会社で、リクルート関連会社の制作やプロモーション、マーケティングなどを総合的に担っています。

今回はリクルートコミュニケーションズの元社員が、実際の年収や評価制度、ボーナスなど、どのように評価されているのか具体的に解説していきます。

 

リクルートコミュニケーションズの年収事情

まずはリクルートコミュニケーションズの平均年収、年収事例をご紹介します。

 

リクルートコミュニケーションズの平均年収は663万円

平均年収 平均年齢
リクルートコミュニケーションズ 663万円 30代前半
リクルートホールディングス
(親会社)
958万円 30代後半

リクルートコミュニケーションズは、単体で上場はしていないため有価証券報告書などで正確な平均年収を知ることは出来ません。
そのため今回は就職や転職の際に多くの方が利用する「口コミサイト」から年収を調べました。

3つの口コミサイトを調査した結果、リクルートコミュニケーションズの平均年収は663万円でした
回答者の平均年齢は30代前半です

筆者も2018年まで在籍していましたが、同期や他の社員と話すと上のような年収が平均値でした。
しかし、リクルートコミュニケーションズの特徴でもありますが、自ら率先して仕事を取りに行ける人ほど、口コミよりも100万円ほど高い年収をもらっている傾向にあります

参考までに、親会社のリクルートホールディングスは上場しており、有価証券報告書によると平均年収は「958万4837円」です。
従業員の平均年齢は「37.7歳」です。

リクルートホールディングスは少数精鋭なので年収が高めですが、リクルートコミュニケーションズは親会社と比較するともう少し低い年収となっています。

 

↓↓リクルートコミュニケーションズの転職に選ばれているエージェントはこの3つ↓↓
ビズリーチ
https://www.bizreach.jp/
リクルートコミュニケーションズからダイレクトにスカウト!

 

リクルートエージェント
https://www.r-agent.com/
転職支援実績No.1!リクルートコミュニケーションズの転職実績多数。

 

ランスタッド
https://www.randstad.co.jp/
グローバルで年間約20万人の転職サポート実績

 

リクルートコミュニケーションズの評価制度

ここからは、基本給を決める評価制度「ミッショングレード制」について、またそのミッショングレードを適切に評価するための仕組みについてご説明します。

 

ミッショングレード制とは

リクルートコミュニケーションズでは「ミッショングレード制度」を取り入れています。
これは、リクルートグループ共通の制度です。

各社でグレードや評価基準に違いはあるものの、リクルートキャリア、リクルートライフスタイル、リクルートテクノロジーズなどリクルートグループ各社で採用されています。

ミッショングレード制度は採用ページで以下のように説明されています。

“担当しているミッションの価値によって報酬(給与・賞与)を決定する人事制度です。”

引用:リクルートコミュニケーションズ採用ページ

ミッショングレード制度では、担当する職務や業務にグレード(等級)をつけ、そのグレードによって給与や賞与が支給されます。
グレードは半年ごとに見直されます。

 

ミッショングレード制の特徴

この制度の特徴は年次に関係なく、ミッションの難易度に対して給与や賞与が決定する点にあります。
若手にもチャレンジする機会や能力を最大限に発揮する機会を与え、それを客観的に評価する仕組みがあるのです

 

ミッショングレード制を支えるその他の仕組み

リクルートコミュニケーションズには、ミッショングレード制を支える以下の評価方法があります。

それぞれどのような役割を果たしているのか見ていきましょう。

 

Will can must シート

リクルートコミュニケーションズでは社員が自発的に自らのキャリアを創造するために、半期ごとに「Will can must シート」を記入します。

これはリクルートグループ全体で利用されている仕組みで、

  • Will=社員の意志(何がしたい)
  • Can=能力開発(何ができる
  • Must=半期ミッション(何をしなければならない)

を明確にして目標を管理するものです。

Will Can Mustシートでは、まず自らの意志(Will)を言語化したうえで、そのWillを叶えるために今自分ができること(Can)とできないこと(Cannot)を明記します。
それをもとに上長と面談したうえで半期ミッション(Must)が設定されるため、ミッションを自分ごと化することができ、仕事にコミットしながら自らを成長させることができます。

この仕組があることで、どうすれば自身の評価、年収を上げることができるのかが明確になるため、納得感のある評価、年収を得ることができます

 

社内公募(通称:キャリアウェブ)

入社後数年経った社員が、社内求人のような形で募集されている職種に応募できる仕組みです

この制度は名ばかりではなく、社内ではかなり普及している制度で実際筆者の周りにもこの制度を使って転籍(例:リクルートキャリアの営業職からリクルートライフスタイルの企画職へ)した人が何人もいます。

基本的には自分のミッショングレードと同等の仕事を異動先ですることになるのでこの制度を利用することによって収入が大きく変わることはありません。

給料や退職金などの人事制度は転籍先のものが適用されることになり、転籍しても必ずしもミッションや給料が維持されるとは限りませんが自身の志向や目標に合わせてキャリアを見直し異動できる制度として浸透しています。

 

360度サーベイ

上長や同僚はもちろん、部下からもアンケートをとり評価をする制度です。
上長も直属の上司だけではなく、隣の部署の上司からも評価を受けます。

多方面からの評価になるため、様々な視点から自分という人間を評価してもらうことができます
グレードに上がるために今の自分に何が必要なのかが明確になります。

リクルートコミュニケーションズの転職に選ばれているエージェントはこの3つ

リクルートコミュニケーションズからのスカウトなら
ビズリーチ(年収アップ実績豊富)


リクルートコミュニケーションズの求人を保有
リクルートエージェント(求人数業界No.1)


世界最大の転職エージェント
ランスタッド(外資転職に強い)

 

その他の制度

ミッショングレード制以外にも、さまざまな制度があります。

次にこれらの評価方法について詳しくみていきましょう。

 

新規事業提案制度(Ring)

新規事業提案程度はリクルートグループが行う新規事業コンテストであり、リクルートグループの社員であれば年次に関係なく提案できます。

審査で上位に入った提案には事業化の機会与えられます

リクルートのサービスでも知名度の高いホットペッパービューティーやゼクシィ、スタディサプリなどはこの制度から誕生しました。
プレゼンをするのはリクルートの社員ですが、この制度のユニークな点は新たな案を実現するために社外の人も積極的に巻き込むことを推奨している点です。
年次や役職関係なく、会社の一事業を手掛けるチャンスがリクルートにはあるのです

 

表彰制度

リクルートコミュニケーションズには、全社表彰制度である「the POLAR」が年に1度行われます。

通期・半期に各局・部の表彰が行われます。
ホテルなどの広い会場を貸し切り、本格的音響や映像を準備してある会場で、表彰対象者はスポットライトを浴びながら数百~数千人の社員の前で喝采を浴びます。
過去には「多言語翻訳プラットフォーム」の開発をリードし、リクルートの主要サービスの多言語化に成功した社員が受賞しています。

 

リクルートコミュニケーションズの給与例


中途(キャリア)採用に限定すると、リクルートコミュニケーションズはキャリア採用(商品プロダクト開発)とエンジニア採用に分かれています。

採用ページおよび転職者の事例から月給と年収例を見ていきましょう。

 

キャリア採用枠

・企画職
年収例:420万~/20代

リクルートコミュニケーションズの営業職は、それまではグループ会社に提供していたソリューションを外販するのが主なミッションです。

目標数字や達成時のインセンティブで大きく年収が変わります。
数字を達成できていないと給料に大きく影響するグレードも上がらず、基本給のみの支給に留まり、その額は新卒社員とほとんど変わりません。

しかし数字を達成した人にはインセンティブがあり、グレードも上がっていくため年収が20代で500万や600万になる人もいます。

・マーケティング職
年収例:650万/20代後半 800万/30代前半

営業と違い、表彰やボーナスなどで報酬が上乗せされることもありますが、基本的には職務領域を広げキャリアアップし、グレードを上げなければ給料は上がりづらいと言えます。

 

エンジニア採用枠

・エンジニア
月給32万5685円〜49万8683円
年収例:560万円/24歳 855万円/32歳

・商品プロダクト開発
月給40万9559円~月給62万5775円
年収例:719万円/28歳 876万円/33歳

商品プロダクト開発の募集職種には2020年2月現在、

  • 機械学習エンジニア
  • インフラエンジニア
  • ソフトウェアエンジニア
  • ソフトウェアエンジニア

があります。

エンジニアの採用は面接の前にコーディングの試験があります。
その後に面接やSPI試験がされるため、募集されている言語の開発経験がない人には厳しいでしょう。

 

リクルートコミュニケーションズで求められる人物像

これはリクルートコミュニケーションズに関わらずリクルート全般で言われていますが「自ら学んで挑戦していく姿勢」を持つ社員が求められます
リクルートでは社員の一人一人に起業家精神を持たせ、成長する機会を与える風土があります。

そのため「自ら学んで挑戦していく姿勢」は、より高いミッションを行う機会を増やし、年収を上げることにつながります

また、ミッショングレード制度は現状の能力の評価と併せて期待値という側面もあります。

そのため20代でもやる気があったりチームに積極的にコミットしている社員のグレードは上がりやすい傾向にあり、年収も比例して上がっている印象です。

 

高い視界で挑戦する人間が評価されるリクルートコミュニケーションズ

リクルートコミュニケーションズは、常に社員に成長する機会を与え、挑戦した分、そして価値を生み出した分だけ評価し報酬を上げる仕組みを用意しています。

マーケティングの分野で自身の力を試す・挑戦する環境を求めている方にはリクルートコミュニケーションズはマッチする企業と言えるでしょう。

 

リクルートコミュニケーションズへ転職するには

リクルートコミュニケーションズの年収やボーナスの詳細についていかがでしたか?
リクルートコミュニケーションズへの転職を考えてる方は、まずは多くの情報をインプットして転職活動に臨んでもらいたいと考えています。

また、リクルートコミュニケーションズのような人気企業では、採用計画や事業戦略を公にしないために、非公開求人が多くあります。

エージェントにより、保有求人が異なりますので、リクルートコミュニケーションズの転職において
たくさんの人から選ばれているエージェントに複数社登録することをおすすめ
します。

なかでも、リクルートコミュニケーションズへ転職するには、

に登録が近道です。

 

ビズリーチおすすめ度★★★★★

 

一番のおすすめはビズリーチへの登録です。

リクルートコミュニケーションズがビズリーチでのダイレクトリクルートティングに参画しています。それにより、ビズリーチに登録しておけば、リクルートコミュニケーションズからの直接スカウトが届く可能性が高いです。

**こんな人におすすめ**
・リクルートコミュニケーションズからスカウトされたい
・まず求人の詳細を確認したい
・リクルートコミュニケーションズへの転職実績のあるヘッドハンターを探したい

 

リクルートエージェントおすすめ度★★★★

次におすすめはリクルートエージェントです。

業界リーダーの転職エージェントということもあり、多くの企業との強い繋がりを持っていますし、リクルートコミュニケーションズの求人を確実に保有してるエージェントです。

**こんな人におすすめ**
・リクルートコミュニケーションズの求人がみたい
・リクルートコミュニケーションズ以外にも自分に合った求人を提案されたい
・面接対策などのサポートが必要

 

ランスタッドおすすめ度★★★★


また、ランスタッドもおすすめです。

世界最大の転職エージェントなので、グローバルに展開している企業には強みを持っています。
外資企業に興味のある方は登録しておくのをおすすめします。

**こんな人におすすめ**
・GAFAをはじめとした外資企業に興味がある
・キャリアアップ・年収アップを目指したい
・専任担当と深く転職活動について相談したい

関連記事

RELATED ARTICLES

2020.03.31

リクルート

サラリーマンの過労死が一部企業で相次ぎ発覚し、企業各社の働き方改革に注目が集まっています。 リクルート住まいカンパニーでも業務の見直しが進んでおり、一定の効果を上げつつあるといいます。 今回はリクルート住まいカンパニーの […]

2020.05.15

リクルート

人気企業のリアルな情報をお届けするため、転職picks編集部が現役社員を直撃。 今回はハードウエアのエンジニアからリクルートテクノロジーズに転職された異色の経歴を持ち、副業でも成果を上げている現役社員にインタビューを行い […]

2020.02.21

リクルート

自由な働き方で先進的な事業を展開するリクルートグループ。 そんなリクルートグループを支え、次世代技術の研究や新ソリューションの実装などに取り組んでいるプロフェッショナル集団が、リクルートテクノロジーズです。 新しい技術を […]

2020.03.24

リクルート

リクルート住まいカンパニーの社風は、個を尊重しつつも上司や同僚との関係も風通しが良く、自由で働きやすいと言われています。一方で、主体的に業務に取り組み一定の結果を出さないと、出世や給与面で明確に差がつく実力主義の面もあり […]

2020.05.03

リクルート

    SUUMOで知られる不動産情報サイトを運営するリクルート住まいカンパニー。 そのスタートは1976年に創刊した情報誌「住宅情報」にまで遡ります。当時はリクルートの中の一事業部でしたが、2012 […]

×